前へ

次へ

驚愕のオープニング映像で幕を開けたavengers in sci-fi SHIBUYA-AXレコ発ライヴ

avengers in sci-fi | 2012.05.18

 アルバム『Disc 4 The Seasons』をリリースしたavengers in sci-fiが、6月からスタートする全国ツアー(渋谷クアトロでの追加公演も決定!)に先駆けて、SHIBUYA-AXにてレコ発ライヴ「2 Yang 1 Wrong -Live 4 The Seasons-」を行なった。当サイトにて行なったインタビューで、「四季を感じながら制作をし、何かを意識したというより、自分の中から沸いてきたものを正直に出して、音楽にした」と木幡が語ってくれた、バンドの特徴的な部分でもある、宇宙的でダイナミックなバンドサウンドを利用し、精神宇宙を描きだした作品が、どう展開されるのか……ライヴは意外なオープニングで幕を開けた。

 客席の電気が落ち、大歓声が巻き起こる中でスクリーンに映し出されたのは、赤い鳥居。深夜の薄暗い神社で、狐のお面を被った男が鳥居から顔を覗かせている。不気味だ。鳥居の奥に隠れたと思った次の瞬間、画面の下から突如狐のお面が顔を出すと、客席から“怖い!”という声があがる(笑)。確かに怖い。オープニング映像で悲鳴があがるライヴなんて、生まれて初めての経験だ。アルバムには“和”のニュアンスが組み込まれているとはいえ、まさかジャパニーズホラーが来るとは誰も想像していなかっただろう。そんな映像が繰り返される中、画面に映っていた狐面の男がステージに設置されているギターアンプの後ろからひょっこりと顔を出すと、先ほどまでの悲鳴は歓声に変わった。そこから、ステージ中央に設置されていたドラムパッドに近づき、いたずらに1発、2発と叩き始め、豪快にリズムを刻み始めると、「The Planet Hope」のイントロが流れ出す。その音に導かれるように、メンバー3人がステージに登場。ユニークな演出でオーディエンスのテンションを一気に昂らせた。

 歓声が沸き起こる中に響き渡ったのは『Disc 4 The Seasons』の1曲目に収録されている「Yang 2」。流麗な琴の音色と共に、ステージの上から様々な色のレーザーが降り注ぐ。そんなドラマチックなイントロの後、一気に音を爆発! アルバムで提示した日本人の奥底に眠る本能を刺激する“和”の躍動的なグルーヴに、たちまちフロアにはモッシュの嵐が巻き起こった。そのままアルバムの流れ通りに「Psycho Monday」へ。木幡は軽やかにステップを刻み、稲見はオーディエンスを指差してガンガン煽る。

木幡「今日はスーパームーンらしいです。月がめちゃめちゃ近いらしいぞ。月から変なもんが降りてくるかも……狂ったように踊り狂っていってください!」

 神秘的な月の力と、情熱的な音の力が共鳴して、オーディエンスのリミッターを解除していく──「sci-fi=サイエンス・フィクション」というバンド名にピッタリな夜だ。

 中盤では、スクリーンに映し出されたワイヤーフレームダンジョンが、心の中で葛藤しながらも、光に向かって歩みを進めていく心象風景のように見えた「Skywalker」や、スペーシーな要素は抑えめで、バンドサウンドを力強く響かせる「Stairway To The Sun. I」に続き、興奮のダンスグルーヴの中で木幡が踊り、稲見が咆哮する「Stairway To The Sun. II」をドロップ。そして、「Wish Upon The Diamond Dust」では、季節外れの雪を降らせる演出も飛び出し、音、光、特効、ありとあらゆる角度から極上の空間を作り上げる。ちなみに、雪は“天使(マネージャーのこと)に無理を言ったら降らせてくれた”とのこと。そんなエピソードと共に天使への感謝を告げると、フロアからは暖かい拍手が送られた。

 ライヴは終盤へ向け、更にヒートアップ。ドラムの長谷川が鬼のようなリズムを叩き出し、センチメンタルとダイナミズムが同居する「Two Lone Swallows」から、ライヴの鉄板である「Universe Universe」、「Homosapiens Experience(Save Our Rock Episode.1)」へ。熱狂が渦を巻くフロアにはクラウドサーフする者も現れ、さらに「Sonic Fireworks」で、スクリーンに大量の打ち上げ花火が咲き乱れ、浮遊感と躍動感があいまったサウンドが鳴らされると、肩を組み、輪になって回るオーディエンスの姿があった。2階席から見ていると、まるで彼、彼女達自身が花火のようで、キラキラと輝く笑顔は、夏の夜空を彩る花火よりも圧倒的に美しかった。ラストは「The Planet Hope」。オープニングに登場した狐面の男が、仲間を引き連れて再び登場。総勢9人の狐面達がジャンベなど様々な打楽器を打ち鳴らす。3人もドラムパッドや大太鼓を叩き、血湧き肉踊る狂乱の宴を繰り広げた。

 今までのavengers in sci-fiは、無重力空間を超高速で突き抜けて行くイメージだったのだが、初めて『Disc 4 The Seasons』を聴いたとき、彼らが地上に降り立ったような印象を受けた。インタビューで木幡にそう尋ねたところ「上から俯瞰するっていうよりも、それこそ地上に降りて、自分の目の高さで見た世界のことを書きたくなった」と話してくれた。そして、こうも言っていた。「音楽は、あくまでも他の人と繋がるための手段であって、自分は音楽より人間の方が好きなんだっていうことが分かった」と。

 壮大な宇宙を旅していた彼らが大地へと帰還し、待っていた多くの人々と手を取り合い、朝まで踊り明かしているかのような大団円。彼らと、彼らの音楽に集まったオーディエンス達が作り上げた素晴らしい空間に、胸を熱くさせられた夜だった。

【取材・文:山口哲生】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル avengers in sci-fi

リリース情報

Disc 4 The Seasons

Disc 4 The Seasons

2012年04月25日

ビクターエンタテインメント

01. Yang 2
02. Psycho Monday
03. Two Lone Swallows
04. Stairway To The Sun.I
05. Stairway To The Sun.II
06. Sonic Fireworks
07. Skywalker
08. Pearl Pool
09. Lady Organa
10. Wish Upon The Diamond Dust
11. The Planet Hope

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

  1. Yang 2
  2. Psycho Monday
  3. Wonderpower
  4. Beats For Jealous Pluto
  5. Delight Slight Lightspeed
  6. Pearl Pool
  7. Skywalker
  8. Stairway To The Sun. I
  9. Stairway To The Sun. II
  10. Radio Earth
  11. Before The Stardust Fades
  12. Wish Upon The Diamond Dust
  13. Starmine Sister
  14. Two Lone Swallows
  15. Universe Universe
  16. Homosapiens Experience(Save Our Rock Episode.1)
  17. Sonic Fireworks
  18. The Planet Hope
ENCORE
  1. Nayutanized
  2. Odd Moon Shining

トップに戻る