前へ

次へ

バンドシーンの新時代を担うmurffin discsの精鋭2バンドが競演!

osage × なきごと | 2019.07.25

 正直まだそんなに知られてないだろうなと思ったら、しっかりソールドアウトでびっしり埋まったフロアにびっくり。SUPER BEAVERやsumikaを擁する信頼のブランド・murffin discsの昨年度オーディションのグランプリ&準グランプリの共演とはいえ、公式にはシングル1枚とタワーレコード限定EPを1枚リリースしただけの若いバンドに最速注目するリスナーがこんなにいるとは、日本のバンドシーンにはまだまだ伸びしろが多いと思ってうれしくなる。客層は10代と思われる若者中心、はしゃがずじっくりと音楽を聴きこむタイプに見える。

 先陣を切ったのは、水上えみり(Vo/Gt)と岡田安未(Gt)にサポートの男子リズム隊を加えたなきごと。シューゲイザーばりの轟音ディストーションの海にメランコリックなメロディがぽっかり浮かぶ「癖」を皮切りに、メジャーコードのロックチューン「さよならシャンプー」から「合鍵」へ、スピードに乗った爆音と浮遊のアンバランスがかっこいい。うつむき加減で男前なリフをかき鳴らす岡田と、分厚い音を突き抜けて届く水上の透明ボイスが心地よい。切ない恋心を描く歌詞の世界と、ラウドでエッジィなサウンドとの不思議な共存が興味深い。ひと言でいえば、目と耳がステージにくぎ付けになる。

 まだ誰も知らない新しい曲を――。そう言って披露した「連れ去って、サラブレッド」は、岡田のほんのりファンキーなカッティングが光るオルタナ風味のシャープなロックチューン。「忘却炉」はシングル「nakigao」収録曲で、リリース・インタビュー時に水上が「ライブでいちばん激しい曲。照明も真っ赤です!」と自慢していたが、その言葉に違わぬすさまじい迫力でぶっとばす。髪をかきむしりながら歌う水上の姿に、おとなしめだったフロアに火がつき拳が上がる。同じくシングル収録曲「メトリポリタン」では、ダンサブルな明るいビートに合わせて自然に手拍子が湧き起こる。この日初めて、客席を見てニコリとほほ笑んだ水上。いい雰囲気だ。

 ここで重大発表を2連発で。9月18日に[NOiD]レーベルから1stミニアルバム『夜のつくり方』のリリース、そして10月から7都市8公演をまわる全国ツアーが決定。「その新譜からやります!」と紹介して、ここから4曲は怒涛のアルバム先取りコーナーへ。「ユーモラル討論会」は、岡田のフィードバック・ノイズが炸裂する、猛スピードの破壊的オルタナロック。一転して「のらりくらり」は、けだるさと切なさが交錯する実にコクのあるミドルチューン。「深夜2時とハイボール」はラフでシンプルな構成だが、あまりに切ない恋のシチュエーションを思い入れたっぷりに歌う水上の声がエモすぎる。「ドリー」はバンド結成時に発表したデモCDに入っていた曲で、ラウドだが踊れるビートに乗せてたたみかけるハイトーンがかっこいい。あえて俗っぽい言い方をすると、こんなかわいい子がかわいい声で切実な恋愛ドラマを超ラウドでエモい音に乗せて歌うなんて最高かよ。

 バンドをフックアップしてくれたmurffin discsへ、ツアーをともにまわることでライバルから親友へと変化したレーベルメイト・osageへ、そして今日ここにいるファンへ。水上の感謝の言葉には一点の曇りもない。泣きたい時に素直に泣けない日々の中で、せめて音楽の中では泣けるように――。ラストチューン、バンドのコンセプトを詰め込んだロックバラード「Oyasumi Tokyo」の、強く優しいメッセージが胸に沁みる。持てる力をすべて出し切った、鮮烈なパフォーマンスだった。

 さあ、2番手はosageの登場だ。「300人のために歌いに来ました!」。山口ケンタ(Vo/Ba)が満面の笑みで叫び、1曲目「セトモノ」の陽性のビートが炸裂した瞬間、フロアがパッと明るくなった気がした。それほどに4人が放つオーラは徹頭徹尾ポジティブで、「エンドロール」へと屈託のないアッパーチューンを連ねてぐんぐん加速する。「追憶」は切なさをはらんだメロディと猪突猛進のバンドの一体感が絶妙で、「スニーカー」はあっけらかんとしたロックナンバー。90年代のMr.Childrenなどがふと脳裏をよぎるほど、王道J-POP的要素をたっぷり取り込みながらも洋楽的ポップパンクやメロコアのノリをキープする、よく弾むバンドサウンドが楽しい。その中心にいるのが、独特の渋みを持つハイトーンと、笑顔いっぱいのパフォーマンスで見るものを引き付けるフロントマン・山口だ。

 せっかく時間がいっぱいあるから懐かしい曲を――。メランコリックなミドルテンポから徐々にラウドに展開する「1046」をじっくり聴かせたあと、新曲「Greenback」はひたすら明快爽快ストレートに。上手ギター・松永祐太朗は繊細な指使いに没頭し、下手ギター・金廣洸輝は力強いカッティングとコーラスで歌を支える。ドラム・田中優希のパワフルなプレイが土台となって、4人の息がぴったり揃っている。

 ずっと大切にしてきた曲を歌います――。山口の歌とギターだけで静かに始まった「スープ」は、徐々に全員の音圧を加えて大河のようなロックバラードと化す。新曲「アナログ」はパワーポップ風の明るいコードに親しみやすいJ-POPのエッセンスを加えたキャッチーな曲で、たぶん切ない思いを込めた恋愛の曲だと思うが、山口は常に笑顔。osageの曲は歌詞を読み込むとかなりディープで内省的なものが多いと思うが、それをあくまで痛快なロックチューンに仕上げるのがosage流。そのバランスにハマったらたぶん病みつきになる。

 ここで本日2度目の重大発表。10月9日に初の全国流通盤となる1stミニアルバム『October.』のリリース、10月からは全国ツアー、そして来年1月18日にはここeggmanでのワンマンライブを報告し、「みなさんのおかげでここまで来ました」と、メンバー、スタッフに感謝を伝える山口の声が上ずっている。音楽やってて良かったと心から思います――。それは音楽に生き音楽に救われた男だけが言える真実の言葉。ラストは明るいエイトビート「vega」「ウーロンハイと春に」で一気に駆け抜ける、その音と言葉には希望の光しかない。

 アンコール。「いいライバルでありたい」となきごとにエールを送り、収穫だらけのツーマンツアーを締めくくるラストナンバーは、ゆったりと大らかな「移ろう季節に花束を」。息の合った結束力、ツインギターのスリリングな絡み、ベース・ボーカルとしてはすでにトップクラスだと感じるスキルの高さ、キャッチーなソングライティング、あらゆる場所に可能性を感じ取れる充実のステージだった。

 最後は全員揃っての記念撮影タイムでほっこりと。♪みんなで~写真を撮ろう~と、水上が有名曲の替え歌で盛り上げる。音楽性も生き方も目指す夢もたぶん違う――でも同じ時代を生きるバンドマンと、そしてリスナーとの間にはきっと目に見えないラインが繋がっている。ここから始まるであろう新しい時代のムーブメント、フロアにいた300人がその証人だ。

【取材・文:宮本英夫】
【撮影:酒井ダイスケ(なきごと)、清水舞 (@_gmng_)(osage)】

tag一覧 J-POP ライブ なきごと osage

リリース情報

夜のつくり方

夜のつくり方

2019年09月18日

[NOiD] / murffin discs

01.合鍵
02.メトロポリタン
03.ユーモラル討論会
04.のらりくらり
05.深夜2時とハイボール
06.ドリー

リリース情報

October.

October.

2019年10月09日

murffin Lab. / murffin discs

01.アナログ
02.Greenback
03.1954
04.ginger air
05.セトモノ
06.スープ

セットリスト

osage「ニュートラル e.p」 & なきごと「nakigao」 RELEASE TOUR 2019 Final
2019.7.14@渋谷eggman

なきごと
  1. 01.癖
  2. 02.さよならシャンプー
  3. 03.合鍵
  4. 04.連れ去って、サラブレッド
  5. 05.忘却炉
  6. 06.メトロポリタン
  7. 07.ユーモラル討論会
  8. 08.のらりくらり
  9. 09.深夜2時とハイボール
  10. 10.ドリー
  11. 11.Oyasumi Tokyo
osage
  1. 01.セトモノ
  2. 02.エンドロール
  3. 03.追憶
  4. 04.スニーカー
  5. 05.1046
  6. 06.Greenback(新曲)
  7. 07.スープ
  8. 08.アナログ(新曲)
  9. 09.vega
  10. 10.ウーロンハイと春に
【ENCORE】
  1. 01.移ろう季節に花束を

お知らせ

■ライブ情報

【なきごと】

『夜のつくり方』 Release Tour 2019

※対バン後日発表
10/04(金) 下北沢 Daisy Bar
10/14(月・祝) 新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
10/21(月) 福岡 Queblick
10/22(火) 広島 Cave-Be
w/ osage and more
10/31(木) 仙台 enn 3rd
w/ osage and more
11/08(金) 大阪 2nd LINE
11/10(日) 名古屋 RAD SEVEN
11/24(日) 新代田 FEVER

---------------

murffin night 2019 in SENDAI
07/30(火) SENDAI darwin / SENDAI CLUB JUNK BOX
w/ Czecho No Republic / テスラは泣かない。 / the quiet room / Amelie / SAKANAMON / マカロニえんぴつ / 東京カランコロン / osage

TREASURE05X 2019
~ENIGMA STARLIGHT~

08/04(日) 名古屋 CLUB UPSET
w/ Absolute area / Seven Billion Dots / BOYS END SWING GIRL / マッシュとアネモネ / ROKI

FM802 Poppin’FLAG!!!
Summertime FLOAT!!!

08/06(火) 阿倍野 ROCKTOWN

スロウハイツと太陽 2nd mini album『それからのこと』リリースツアー ~ゆくえ~ ファイナル東京編
08/22(木) 渋谷 TSUTAYA O-Crest
w/ スロウハイツと太陽 / あいくれ / 幡野 友暉 / etc…

TOKYO CALLING 2019
09/16(月・祝) 渋谷 ライブハウス13会場



【osage】

「October.」 Release Tour

※対バン後日発表
10/20(日) 下北沢 近松
10/22(火) 広島 CAVE-BE
w/ なきごと and more
10/31(木) 仙台 enn 3rd
w/ なきごと and more
11/30(土) 心斎橋 Anima
12/01(日) 新栄 CLUB ROCK’N’ROLL
01/18(土) Shibuya eggman ※ワンマンライブ

---------------

murffin night 2019 in SENDAI
07/30(火) SENDAI darwin / SENDAI CLUB JUNK BOX
w/ Czecho No Republic / テスラは泣かない。 / the quiet room / Amelie / SAKANAMON / マカロニえんぴつ / 東京カランコロン / なきごと

ニアフレンズ × Mr.ふぉるてpre.
『僕らの時代を鳴らせ』

08/03(土) 渋谷 Milkyway
w/ ニアフレンズ / Mr.ふぉるて / the satellites

オレンジスパイニクラブ 2nd single「モザイク」ヒッキーんなってバイビーTour
08/08(木) 新宿 Marble
w/ オレンジスパイニクラブ / Lucie,Too / 東京パピーズ

「SCRAMBLEE!! vol.2」
08/19(月) 渋谷 eggman
w/ レイラ / フルー / anwhite and more

Organic Call
2nd digital single release tour

08/25(日) 水戸 SONIC
w/ Organic Call / Chronograph / 月がさ / ane-mone / failed faint / No color traffic light
09/23(月・祝) 群馬 SUNBURST
w/ Organic Call / fish in water project / youth and more

Mr.Seaside 「HALU」 Release Tour Final
08/31(土) 下北沢 BASEMENTBAR
w/ Mr.Seaside / レイラ

街人 白球の行方ツアー
09/08(日) 名古屋 Party’z
w/ 街人 and more

TOKYO CALLING 2019
09/15(日) 下北沢 ライブハウス13会場

iwabuchi pre.『to meet』
09/22(日) 仙台 FLYING SON
w/ am 0:00 / Chronograph / Organic Call / 羊文学 / 「ん」

7秒とロック
09/29(日) 下北沢 ライブハウス4会場

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る