前へ

次へ

KREVA主催の“音楽の祭り”『908 FESTIVAL ONLINE 2020』

KREVA | 2020.09.16

 KREVA主催の“音楽の祭り”として2012年に初開催され、様々な名演が繰り広げられてきた『908 FESTIVAL』。今年は新型コロナウィルスにまつわる諸々の状況を踏まえて、無観客の「ぴあアリーナMM」から生配信。たくさんの視聴者が画面を夢中になって見つめた『908 FESTIVAL ONLINE 2020』の模様をレポートする。

 オープニングムービーを経て、画面上に現れたKREVA、三浦大知、MIYAVI、JQ(Nulbarich)、AKLO、PUNPEE、tofubeats、ZORN。全員が広いフロアに横並び、白を基調とした衣装を着ているのが目を引く。そして、KREBandの柿崎洋一郎(Key)、白根佳尚(Dr)、近田潔人(Gt)、大神田智彦(Ba)、熊井吾郎(MPC+DJ)、SONOMI(Cho)が演奏しているメインステージへと向かい、レッドカーペットの上を歩き始めたKREVA。「イッサイガッサイ~2019 ver.~」を歌った後、出演者のひとりひとりを呼び込んだ彼は、「この面子でお届けします!」と開幕を力強く宣言した。

 たくさんの出演者がいる『908 FESTIVAL』だが、単なるオムニバス形式によるイベントではない。各々のライブの随所でKREVAが合流し、コラボレーションを繰り広げるのが、毎回のお楽しみだ。今年は何が待っているのか? 期待に胸を膨らませながら画面を見つめているとJQが登場。トップバッターを任された彼はNulbarichの「Sweet and Sour」と「Look Up」をKREBandの伴奏で歌った後、「One feat. JQ from Nulbarich」をKREVAと一緒に届けてくれた。2018年の『908 FESTIVAL』で初披露されたこの曲を、ふたりの共演で聴けるのが嬉しい。清らかな光が空を染め上げるかのようだったJQの歌声とKREVAのしなやかなラップが響き合う様に、とてもうっとりとさせられた。

 ライブの合間で時折、『クレバの部屋』とでも称したくなるトークが繰り広げられたのが、今年の『908 FESTIVAL』ならではの趣向であった。最初にこのコーナーに迎えられたのは、パフォーマンスを終えた直後のJQ。KREVAは、9分08秒の制限時間内で「One feat. JQ from Nulbarich」の制作過程について彼と語り合った。そしてトークが終了して、次の出演者が登場。ステージに立ったのはtofubeats。「LONELY NIGHT」やVaVaをゲストに招いた「Virtual Luv」によって、心地よいムードがどんどん作り上げられていった。tofubeats、VaVa、KREVAによる「RUN REMIX feat. KREVA & VaVa」が始まると、大喜びした視聴者の言葉で沸き立ったコメント欄。tofubeatsがステージの前方に飛び出してKREVAの隣で歌った「too many girls feat. KREVA」も気持ちよかった。普段は機材で囲まれたブース内にいることが多い彼が、バンドメンバーをバックにあそこまでアクティブに動きながらパフォーマンスをするのは、なかなか異例のことだったのではないだろうか。

 ターンテーブルからビートが放たれてスタートしたPUNPEEのライブ。まずは「Renaissance」と「タイムマシーンに乗って」が披露されたが、ふたりのDJによる鮮やかなプレイや、PUNPEEのフリースタイルを交えたステージングがスリリングだった。「夢追人 feat. KREVA」が始まると、スタンド席の通路を歩きながらラップし始めたPUNPEE。突然扉が開き、神々しい後光を浴びながらKREVAが登場したのには驚かされた。スタジアムで撮影されたこの曲のMVを彷彿とさせる映像を観て、興奮の言葉でコメント欄を埋め尽くした視聴者。観客がいない広大な会場を効果的に活かしたパフォーマンスであった。

 tofubeats、PUNPEEとのトークコーナーは、アーティスト同士ならではの会話が興味深かった。「ラップと歌のジャッジで意見を言う人はいるの?」という問いに対するPUNPEEの「両親に聴かせる」という答えに驚きつつも感心していたKREVA。他のゲストとのトークでも感じたことだが、創作やパフォーマンスに関して、かなり踏み込んだ内容の話がいろいろ飛び出したのは、今回の『908 FESTIVAL』ならではの見どころだったと思う。

 「Flashback」の演奏を始めた瞬間、早くも凄まじいエネルギーを全身から放っていたMIYAVI。ドラマーのboboと作り上げたサウンドは、気迫に満ちていた。「InCrowd」と「Fire Bird」も披露され、パーカッシブなギターのスラッププレイが連発される様は、視聴者の野性的な興奮を大いに煽った違いない。「スペシャルゲストを呼んで、この曲をやろうと思います」という言葉と共に突入した「Rain Dance feat. KREVA, 三浦大知」では、KREVAと三浦大知が登場。真っ赤な火柱が何本も立ち上る空間でリミッターを完全に外し、全身全霊を躍動させていた3人は、ゾクゾクするほどかっこよかった。この直後のトークコーナーで「これやばい。フェスの終わりのテンションだよ」と、興奮冷めやらぬ様子でMIYAVIと大知に言っていたKREVA。視聴者の我々も、「すごかった……」という尋常ではない余韻を噛み締める他なかった。

 骨太なラップ、鮮やかなライミングで痺れさせてくれたAKLO & ZORN。「カマす or Die」「Fuego」「Walk This Way」など、様々な曲が届けられる度に、雄々しいファイティングポーズの握り拳が画面から飛び出してくるかのような迫力を感じた。生配信を観ながら居ても立ってもいられなくなった人がたくさんいたのだろう。勢いよく流れ続ける炎の絵文字で完全に染め上げられたコメント欄。そして、KREVAが加わった「RGTO」は、とても刺激的だった。“feat. SALU, H.TEFLON & Kダブシャイン”という形でリリースされたこのAKLOの曲は、“RGTO=Rap Game Try Out”であることが意味する通り、ラップの適性検査が曲中で繰り広げられる。歌い終えた瞬間、KREVAはAKLOとZORNに「ふたりとも合格!」というお墨付きを与えていたが、心底かっこいいラップの連続であった。

 AKLO、ZORNとのトークコーナーは、この次に披露するZORNの曲「One Mic feat. KREVA」に関する解説であった。フィーチャリングで参加したKREVAはレコーディングの際、既に仕上がっていたZORNのパートの韻が猛烈に固く、どうアプローチしていくべきなのか頭をひねったのだという。彼がどう攻め込んだのか気になる人は、3rdヴァースをじっくり読んだ方がいい。ZORNとKREVAが育った地域のムードやラッパーとしての矜持を的確に捉えた描写、ウィットに富んだ言葉、神懸った展開に唸らずにはいられないはずだ。制作過程を見守っていたAKLOも交えたトークは、非常に興味深い内容だったので、アーカイブ映像が観られる期間内ならばチェックすることをオススメしておく。ラップの奥深さ、面白さがよくわかると思う。そしてトークの後、ZORNとKREVAが披露した「One Mic feat. KREVA」。極上のライミング、完璧なビートの乗りこなしが全編で展開する様に息を呑まされた。

 「Yours」からスタートした三浦大知のライブ。ダンサーと共に華麗に踊り、表現力豊かな歌声を響かせる様は、ドラマチック極まりなかった。続いて「Blizzard」「(RE) PLAY」「I’m Here」も届けられたが、バックコーラスを務めていたSONOMIとのコンビネーションが絶妙なのも印象的だった。そして、震えるくらい素晴らしかったのが「世界」。一心に祈るかのように歌い上げられたこの曲の間、水を打ったように静まり返っていたコメント欄。視聴者は皆、我を忘れて耳を傾け続けていたのだろう。そして、ずっと大切に歌い続けられていて、『908 FESTIVAL』に欠かせない曲となっていると言っても過言ではない「Your Love feat. KREVA」を披露した大知とKREVA。声、音、心を交し合う喜びを全身に溢れ返らせていたふたりの姿は、胸に迫るものがあった。

 今年の『908 FESTIVAL』のトリを飾ったKREVA。1曲目「素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI」は、KREVAとSONOMIの声が自然に融け合いながら温かいメッセージを浮き彫りにしているのを感じた。その直後、KREBandの柿崎が鍵盤で突然奏で始めたバッハ「トッカータとフーガ ニ単調」。「厳かな儀式でも始まるのか!?」と思った瞬間、「基準 ~2019 Ver.~」がスタートした。高いスキルで裏打ちされたラップが醸し出す「無敵!」という印象は、その次の「ストロングスタイル ~2019 Ver.~」でさらに加速。最強のラッパーであることは昔からよく知っているが、最新のKREVAはますますとんでもないことになっていた。

 そして、お楽しみはまだまだ続いた。MIYAVIが加わり、ギターとラップが美しい火花を散らし合った「STRONG MIYAVI vs KREVA」の後、スペシャルゲストの石川さゆりが登場。「火事と喧嘩は江戸の華 feat. KREVA, MIYAVI」がスタートした。石川の魂を揺さぶる歌声、KREVAの強靭なラップ、名刀のような切れ味のMIYAVIのギターが一体となって鳴り響く様は、江戸町人の心意気のような鯔背(いなせ)なエネルギーを感じさせてくれた。「音」という喜びを心から分かち合っていた3人の姿には、音楽愛に満ちた多彩なアーティストたちが集う『908 FESTIVAL』の醍醐味が、まさしく凝縮されていたように思う。

 その後も片時も目を離せない場面ばかり。<一つ一つ 見捨てない 千手観音像>という部分でKREVAの背後に立ったAKLOが、両腕を突き出して千手観音を作り上げる……というインパクトの強いパフォーマンスの瞬間、コメント欄が大いに沸き立っていた「想い出の向こう側 feat. AKLO」。ZORN、PUNPEE、tofubeats、JQが静止した映像が挿入されて、MVのシーンが再現されていた「瞬間speechless」。バンドメンバーのひとりひとりを紹介したインストナンバー「Dolphin’s Dream (Mid Night Cruising ver)」。KREVAとSONOMIの歌声の相性の良さが再び示された「ひとりじゃないのよ feat. SONOMI」。そしてラストは、「音色 ~2019 Ver.~」で美しく締め括られたのであった。

 ライブが終わった後のトークコーナー。今年の『908 FESTIVAL』の感想をKREVAと大知が語り合ってから発表されたのは、「一緒に新曲を作っております!」という報告であった。新型コロナウィルスの影響でライブができず、観客と会えない現状を踏まえつつ、「またみんなとライブで会えるよね」という想いを恋愛に喩えて表現した曲なのだという。「早く出来上がるように、いいタイミングで届けられるようにしたいなと思ってますので、楽しみにして待っててくれれば嬉しいです。大ちゃんが“一緒に908フェスで歌えたら泣いちゃうかも”って言ってたから」(KREVA)、「その時が来たらやばいと思います」(大知)という会話を経て、あたかも終演を迎えるかのようなムードとなったのだが……「やんないのかーい!? そんなわけねえだろ! 生放送で観てくれてるみんなと会える日を信じて、一発歌えたらなと思います」とKREVAが言い、披露された新曲のタイトルは「Fall in Love Again feat. 三浦大知」。ふたりの歌声は、ライブ会場で彼らの音楽を直に体感する瞬間の喜びを、ありありと想像させてくれた。この曲だけはアーカイブ映像には収められず、生配信のみのお楽しみだったのだが、リアルタイムで観ていたひとりひとりの胸を震わせたに違いない。

 終演後は、打ち上げの模様が配信された。ステージの映像を観ながら感想を語り合い、ゆっくりと過ごしていた出演者たち。彼らの姿を観ながらお酒を飲み、穏やかなひと時を楽しんだ視聴者がたくさんいたのではないだろうか。無観客配信という形で開催された『908 FESTIVAL ONLINE 2020』だが、鳴り響いた音の数々には、どれも血が通っていた。ライブを生で体感することができない日々が続いているのは、やはりとても寂しい。しかし、「素晴らしい音楽は、ちゃんと存在し続けている」と感じることができた今回の配信は、観た人々の心の支えになっていくはずだ。

【取材・文:田中 大】
【撮影:Teppei Kishida & Riei Nakagawara】




【チケット販売期間】
2020年8月24日(月) 9:08~9月22日(祝火) 18:59

【見逃し(アーカイブ)配信期間】
9月9日(水) 21:08~9月22日(祝火) 21:08
*チケットをお持ちの方は上記期間中、見逃し配信をご利用いただけます。
*視聴条件は各メディアによって異なりますので、ご注意ください。

一般チケット 料金:5,408円
2020年9月1日(火) 0:00~9月22日(祝火) 18:59

tag一覧 J-POP 配信ライブ KREVA

リリース情報

素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI

素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI

2020年06月24日

ビクターエンタテインメント

01.素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI
02.素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI (Inst.)

※KREVA OFFICIAL GOODS ONLINE SHOP限定販売

セットリスト

908 FESTIVAL ONLINE 2020
2020.9.08

  1. 01.イッサイガッサイ ~2019 ver.~
    ■JQ from Nulbarich
  1. 01.Sweet and Sour
  2. 02.Look Up
  3. 03.One feat. JQ from Nulbarich
    ■tofubeats
  1. 01.LONELY NIGHT
  2. 02.Virtual Luv (ft. VaVa)
  3. 03.RUN REMIX feat. KREVA & VaVa
  4. 04.too many girls feat. KREVA
    ■PUNPEE
  1. 01.Renaissance
  2. 02.タイムマシーンに乗って
  3. 03.夢追人 feat. KREVA
    ■MIYAVI
  1. 01.Flashback
  2. 02.In Crowd
  3. 03.Fire Bird
  4. 04.Rain Dance feat. KREVA, 三浦大知
    ■AKLO & ZORN
  1. 01.カマす or Die (AKLO feat. ZORN)
  2. 02.Fuego (AKLO feat. ZORN)
  3. 03.Have a Good Time (ZORN feat. AKLO)
  4. 04.Count On Me (AKLO feat. ZORN)
  5. 05.百千万 Remix (AKLO feat. ZORN)
  6. 06.Walk This Way (ZORN feat. AKLO)
  7. 07.RGTO (REMIX) AKLO, ZORN, KREVA
    ■ZORN
  1. 01.One Mic feat. KREVA
    ■三浦大知
  1. 01.Yours
  2. 02.Blizzard
  3. 03.(RE)PLAY
  4. 04.I’m Here
  5. 05.世界
  6. 06.Your Love feat. KREVA
    ■KREVA
  1. 01.素敵な時を重ねましょう feat. SONOMI
  2. 02.基準 ~2019 Ver.~
  3. 03.ストロングスタイル ~2019 Ver.~
  4. 04.STRONG MIYAVI vs KREVA
  5. 05.火事と喧嘩は江戸の華 feat. KREVA, MIYAVI ※SPECIAL GUEST: 石川さゆり
  6. 06.想い出の向こう側 feat. AKLO
  7. 07.瞬間speechless
  8. 08.Dolphin’s Dream (Mid Night Cruising ver)
  9. 09.ひとりじゃないのよ feat. SONOMI
  10. 10.音色 ~2019 Ver.~
  11. 11.Fall in Love Again feat. 三浦大知 ※新曲

お知らせ

■ライブ情報

大阪文化芸術FES presents
「OSAKA GENKI PARK」

10/10(土)、11(日)大阪万博記念公園
※KREVAは10/10(土)の出演を予定しています。

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る