前へ

次へ

5つの新曲含めて全15曲を届けた再会の一夜――モン吉、初の生配信ライブ「猿の宴」を徹底レポート!

モン吉 | 2020.11.27

 室内なのにまるで野外キャンプ場のように、テントやチェア、ランタンなどが置かれた心地よい空間がそこにあった。11月23日午後7時、モン吉、初のオンラインライブ「猿の宴」。コロナ禍で外出もままならない時期だからこそ、音楽の力で心を解放したい。そんな願いが込められているような、素敵なステージセットとともに、我ら音楽を愛する猿たちの宴が始まる。準備はいいか?

 1曲目はいきなりの新曲「RUNNIN’」。いかにもモン吉好みのスタイリッシュなEDMチューンで、<走り出せ それぞれ自分のペースで>と歌う歌詞も、自由人・モン吉らしいメッセージ。背後で踊る赤タンクトップに半パンの男は、おなじみのDJ兵頭だ。森の木陰でドンジャラホイ、野外だって室内だって、モン吉が歌えばそこがパーティー会場だ。

「モン吉です。観てくれてますか? 途中で飽きて観るのやめんなよ!(笑)」

 久々の生歌、慣れない環境にもかかわらず、マイクを握れば自然に言葉が湧き出て体が動く。懐かしいファンモンの「告白」から、オールドスクールなヒップホップトラックと滑らかなライミングがかっこいい「ONE DAY」へ、快調なペースでビートは続く。新曲「WONDER DAY」は、切れ味鋭いギターとエレクトリックピアノをサンプリングした、明るくファンキーなヒップホップチューンだ。キャッチーなメロディメイカー、親しみあるリリシスト、柔らかく人を巻き込むパフォーマー。ほかの誰でもない、モン吉ならではのセンスがキラリと光る。

「コロナ禍で、みんな殺伐としているから、あったかい歌を――」

 原曲では前川真悟(かりゆし58)をフィーチャーしていた「愛の花」を、今日はモン吉ひとりでゆったりと伸び伸びと。カチャーシーの掛け声と三線の音色、沖縄の香りをたっぷりと含ませた、人懐っこいサウンドに心なごむ。そこから急転直下、ケンモチヒデフミ(水曜日のカンパネラ)が手掛けたスペイシーなEDMトラックに乗せ、ラーメンへの偏愛を歌う「なると」へ。背後でDJ兵頭は皿を回し、ではなく丼をかかえてラーメンを喰っている。八王子市民のソウルフードと言われる「みんみんラーメン」、見事完食。意味はよくわからないが、とにかく楽しい。

「オンライン初ゲスト、来てくれました。八王子の愉快な仲間達です!」

 呼び込まれた地元の盟友、マサとナリナリのふたりを加え、しばしご歓談のゆるトーク。からの、ふたりをフィーチャーした「夢の足跡」「ハレルヤ」の2曲は、以前もステージで共演経験のある曲だが、今日はよりパーソナルにリラックスムードでお届け。ダンスホール風の軽快なビートがはずむ「夢の足跡」では、3人揃ってのロールダンスを披露し、ラストはそれぞれ『鬼滅の刃』のキャラに見立てた決めポーズ。いい歳をした3人が子供のようにはしゃいでる、それを見るだけでなんだかうれしい。

 「新曲良かった!」「我が家は大盛り上がり!」「楽しいです!」「元気です!」。DJ兵頭がiPadの画面を見ながら読み上げる、リアルタイムのコメントはどれも大好評だ。そのまま勢いに乗り新曲2連発、「久々にド直球のラブソング」という「君が好き」は、ファンモン時代を思わせるピュアでストレートな恋愛詞が、初めて聴くのになぜか懐かしい。そして「久々にド直球の応援ソング」という「夢のつづき」は、とことんエモいサビのメロディ、気迫の熱唱でぐいぐい迫る。夢のつづきを追い続けている。諦めたくはない。今日の自分を超えろ。初めて聴いた曲なのに、言葉が突き刺さって離れない。

 会えないけれど、大事な人を思い浮かべて聴いてください――。今こそ沁みるメッセージを持つ「遥か」は、コロナ禍に揺れる時代の中で、あの頃よりもさらに力強く意味深い曲になった。そしてこの日5曲目の新曲は、コロナ以前に作られていたにもかかわらず、未来の自分へ希望を託す歌詞が絶妙に現在とシンクロする。タイトルは「未来の手紙」。<拝啓、未来の君は元気でいますか?>と歌い出す歌詞が印象的な、モン吉らしい優しさあふれるメロディアスなバラードだ。

「ここまでしんみりした曲が続いたので、ここからアゲていこうかな。みんなも乗ってくれ、鬱憤晴らしてくれ!」

 さあ、ライブはいよいよ最終章。ラストスパートの合図代わりに放たれた1曲「メロディーライン」は、言わずと知れた、ファンモン時代からの鉄板盛り上げライブチューン。精密なドラムンベース系のビートに乗り、“NO MUSIC NO LIFE!”と叫ぶ熱い気持ちは、ホールでもアリーナでも、今これを聴いているそれぞれの場所でも違いはない。たたみかけるように「ちっぽけな勇気」へ、もはや歌うというより叫びに近い、喉もちぎれよとばかりの熱唱がすごい。すべてを出し尽くさずには終われない、ライブはいよいよフィナーレだ。

 1月27日、3rdアルバムのリリース決定! 2月6日から全国ツアー決定! ここでふたつのビッグニュース。コロナ禍による混乱と停滞の1年の終わりに、新しい年に向けた発表が本人の口から聞けて本当にうれしい。「アルバムとツアーをよろしく!」と叫ぶ笑顔、多幸感いっぱいのビートに乗せ、高らかに鳴り響いた「サヨナラREMEMBER」は、また次に会うための約束の歌だ。「ありがとう!」と手を振る、モン吉の目はすでに2021年を見据えているのだろう。マイペース、真っすぐ、自由、幸福、抱擁感、ユーモア。画面越しに久々に会えたモン吉は、やはりモン吉のままだった。

 アンコールはなし。なのだが、その代わりに終演後、ファンクラブ会員限定で視聴可能な「アフタートーク」が用意されていた。いい汗かいたあとの、リラックスした姿勢がいい。会場を飾った「9割9分私物」という、キャンプグッズの数々を紹介する笑顔がいい。久々のライブを振り返りつつ、来るべきアルバムとツアーに思いをはせる、ワクワク気分が伝わる言葉がいい。2021年は丑年だが、きっと申(猿)が活躍するだろう。新たな目標に向かって走り始めたモン吉の決意が伝わる、初のオンラインライブ「猿の宴」。アーカイブ視聴は、11月30日(月)23:59までだ。見逃した方はぜひチェックしてほしい。

【取材・文:宮本英夫】
【撮影:久保永隆二】


<アーカイブはこちらから>
https://tixplus.jp/feature/monkichi_201123/
[視聴期間]
11月30日(月)23:59まで

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル モン吉

リリース情報

3rdアルバム『タイトル未定』

3rdアルバム『タイトル未定』

2021年01月27日

ドリーミュージック

※詳細は後日発表

セットリスト

猿の宴
2020.11.23

  1. 01.RUNNIN’(新曲)
  2. 02.告白
  3. 03.ONEDAY
  4. 04.WONDER DAY(新曲)
  5. 05.愛の花
  6. 06.なると
  7. 07.夢の足跡
  8. 08.ハレルヤ
  9. 09.君が好き(新曲)
  10. 10.夢のつづき(新曲)
  11. 11.遥か
  12. 12.未来の手紙(新曲)
  13. 13.メロディーライン
  14. 14.ちっぽけな勇気
  15. 15.サヨナラREMEMBER

お知らせ

■ライブ情報

SARUTABI2021~MEGURU~
2021/02/06(土)福岡 DRUM SON
2021/02/13(土)大阪 アメリカ村 FANJ twice
2021/02/21(日)宮城 仙台MACANA
2021/03/06(土)香川 高松DIME
2021/03/19(金)愛知 ell.FITS ALL
2021/03/26(金)東京 Shibuya WWW

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る