the twenties、2nd mini album『palm』リリース!

the twenties | 2014.02.02

  インタビューの冒頭、ボーカルのタカイリョウに「いちばん古い記憶は?」と尋ねると、「施設の庭で泣いてる自分」という答が返ってきた。タカイは3才のとき、施設の門の前に置き去りにされた。普通ならそうした過去は忘れたいし、ましてや他人に話すことを避ける。だが、タカイは今回、すべて話すつもりだ。何の計画もなく大分から上京してファースト・ミニアルバム『HELLO GOODBYE』を発表すると予想以上の反響があり、セカンド・ミニアルバム『palm』を出せることになった。人生で初めての順境を迎えたタカイは、この際、すべて話して出発するつもり。その覚悟のほどを聞くインタビューに なった。
  途中から相棒のギタリスト、ウルマヒロユキが合流する。彼も無計画なタカイに引きずられて上京した放蕩者だ。ギターで“キーボード・ロック”を作ってしまうウルマも、相当の曲者と見た。後のメンバーはドラムがシュトウダイナソーとベースの徹。こいつらもかなりイカレてる。
 そして何より、アルバムタイトル曲の♪君が与えてくれた 憎しみで優しくなれるよ♪というねじれた歌詞の秘密を解き明かすのが、このインタビュー最大の目的なのである。

EMTG:いちばん古い記憶は?
タカイ:施設の庭で泣いてる自分、ですね。施設に入って何日か経ってからのことで、施設の先生が慰めてくれていた。3才になるかならないかの頃。記憶がハッキリとあるのはそこからです。
EMTG:その日の天気とか、景色は憶えてる?
タカイ:他は何にも憶えてないです。
EMTG:どんな暮らしだったの?
タカイ:その施設には、2才くらいから高校生までの男女40?50人が生活してました。だから小学校、中学までは、大人数の中で生活しているのが当たり前だと思ってました。
EMTG:その頃でいちばん楽しい思い出は?
タカイ:幼稚園の初恋。
EMTG:おっ、やるじゃん!
タカイ:黄組の女の子が好きになって。
EMTG:いいね、いいね(笑)。その頃、つらかったことは?
タカイ:つらいっていうか、運動会のとき、施設の子供は集まってお弁当を食べるのに、みんなは親と食べる。「あれ? 親は…」って思ったとき、自分は施設にいるんだってことを意識させられた。クリスマスでみんながゲームもらってるのに、俺らはトランプだし。
EMTG:絵が動かないじゃん(笑)。
タカイ:そうそう(笑)。 で、ついに「俺はなんでここにおるの?」と先生に聞いたんだけど、教えてくれない。そしたら先輩の高校生が教えてくれた。「なんだよ、俺 の親」(怒)ってなるじゃ ないですか。
EMTG:そりゃ、そうだ。音楽経験は?
タカイ:小さいときは大部屋にいるんだけど、小学校5年になると高校生のお兄さんと同室になる。その先輩がブルーハーツを聴いてたんだけど、その兄ちゃんが嫌いだったのと、いつも爆音でかけるから雑音でしかなかった。でもブルーハーツは好きだったから、♪ リンダ リンダ♪って歌ってました。それが第1期。第2期は中学ですね。学校帰りにタワレコで、無料の洋楽サンプルCDをもらうのが嬉しかった。音楽を聴いてると、カッコいい輪に入れるじゃないですか。バックストリートボーイズとか聴いてました。中2の時に“ハイスタ・ブーム”があったけど、グリーンデーとか洋楽を聴いてたな。で、中3でニルバーナを聴き漁ってて、初めてニルバーナのライブ映像を観た。金髪の長髪が、 めちゃカッコよくて「バンドしたいな」ってドップリ思うようになった。やりたいけど、どうしたらいいか全然わからない。でも「ギターが欲しい」っていう欲求は凄かった。先生にお願いして、施設で買う物のリストにギターを入れてもらって、何度目かの会議でついに買ってもらった。それを持って鏡の前でニルバーナの真似してましたよ。
EMTG:ニルバーナのどこがカッコよかったんだろ。
タカイ:アンプにギター、ぶっ刺したりして、もう破壊的ですよ。なんでそんなことするんだろ。正直、怖かった。恐怖を感じた。そこがカッコよかった。で、高1の時に“大分のニルバーナ”って言われてた“サブメン”ってバンドを観て、「サブメンになりたい」と思った。でも一緒にバンドしてくれる人がいなかった。もし高校生でバンドしてたら、今、こうなってなかったかもしれない。
EMTG:んん? どういうこと?
タカイ:今、俺、バンド、すごく楽しいんですよ。でも、もし中高からバンドしてたら、飽きて、もう止めてるかもしれない。
EMTG:ああ、そうか。で、高校生の頃は何やってたの?
タカイ:バンドできなかったから、悪さするしかない。
EMTG:悪さかあ(笑)。
タカイ:門限は守らない、ケンカばかりする。他にもいろいろやりました(苦笑)。
EMTG:あ、それ以上はアブナイからしゃべらなくていいよ(笑)。
タカイ:高2の時に「他の園児に悪影響がある」という理由で、施設を追い出された。その時、児童相談所で調べて、父親の居所がわかって、父親が引き取ってくれた。
EMTG:うわっ、初めて父親と対面だ。それまで怒りをぶつけたの?
タカイ:いやいや、怒りも何もなく、とにかく嬉しくてたまんなかったです。だって親父がいるんですよ。本当にやさしい人だった。だから困らせたくなくて、「お母さん、なんでおらんの?」って聞けなかった。迷惑かけたくなかったから、ちゃんと高校も卒業して。
EMTG:そういうもんか・・・♪君が与えてくれた 憎しみで優しくなれるよ♪って歌詞の意味が、ちょっとだけわかった気がする。
タカイ:でも、まだバンドできない。卒業して20才でピアス屋で働き始めて、そこでthe twentiesを始めた。20才超えてからバンド始めたから、まだ思春期なんですよ。何をやっても面白い。特にステージに立つと、楽しくて仕方ない。だって、みんな俺の方を観てくれる。
EMTG:あははは。でもまだ“バンド初心者”だから、はっきり言ってthe twentiesってライブ下手じゃん。
タカイ:そ、そうなんですよね(苦笑)。 最近、ようやく「これじゃダメかな」って思うようになったんですけど、でも「俺がやってるんだから、カッコいいに決まってる」と思ってますね。
EMTG:あははは。本当に“バンド思春期”だ!(笑)
タカイ:でしょ(笑)。
EMTG:おっ、ここでウルマくんの登場だ。the twentiesはどんな風に始まったの?
ウルマ:初めてスタジオで音出した時は「下手くそやな」って思いましたね。正直、これじゃバンドにならねーって思ったです。
EMTG:あは。最初っから前途多難だ。
ウルマ:でも、こいつ、音楽が好きでやってるんだなっていうのは感じました。俺は前にバンドやってて、ある程度まで行ったんだけど、ボーカルの奴が暴走して、嫌になって止めてた。で、タカイといろいろ話して、「こいつとやったら面白そうだな」とは思った。音楽の趣味はまったく合わなかったけど、でも、だからこの人とやったら何か新しいものが生まれるかもと思ったのかな。
タカイ:俺も人前に出ると、楽しくなって暴走しちゃうんだけど(笑)。ギター投げちゃったり。
EMTG:困ったヤツだ(笑)。それで無謀にもCDを作っちゃうわけだ。
タカイ:だって作ったら絶対に売れると思ってたから。カードでローンを組んでレコーディングして、それを持って東京に行くって決めて。
EMTG:楽観的だなあ。
ウルマ:俺も何も考えてないから、「いいね。行こう」って。
EMTG:でも東京に来る時に、大分で捨てたものがあったでしょ?
ウルマ:ありました。でも捨てたものは、また手に入れればいいから。そして東京でスーパー・ギタリストになる! 楽しいっすね。
EMTG:こいつも負けずに楽天的だあ(笑)。そういえば、なんでギターでキーボードみたいなダンスミュージックを作るの?
ウルマ:他のバンドがやってないことをやった方が、唯一無二になれるから。まあ、キーボードでやっちゃえば簡単なんだけど。
タカイ:「もっとギターらしい音で弾いて欲しい」って言っても、やってくれない。でもまあ面倒くさいことやってるけど、その方が今までにない、新しい感じのバンドになるし。
ウルマ:自分らだけの音色でやった方がいいじゃないですか。
EMTG:どこまで楽天的なんだかなぁ(笑)。
タカイ:自分らの音で踊ってるのが、クソ楽しいですね。悲惨な自分を笑ってみてるみたいな感じで、音楽してますよ。
EMTG:タフな奴らだなあ。ありがとう。大成功を祈ってるぜ!

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 アルバム インタビュー 男性ボーカル the twenties

ビデオコメント

リリース情報

palm

palm

2014年02月05日

K&A CO.,LTD.

1. YOUにBIRTHDAY
2. palm
3. 729
4. TETORApod
5. Come!!
6. カフェ・オ・レ
7. sousyoku ♂

このアルバムを購入

お知らせ

■ライブ情報

the twenties 2nd mini album「palm」発売記念公演「パァーーーム!」
2014/02/28(金)渋谷MilkyWay

the twenties 2nd mini album『palm』発売記念!!『ぶっ殺し散歩ツアー』
2014/02/28(金)渋谷Milky way ※レコ発!!
2014/03/06(木)神戸Varit.
2014/03/07(金)京都MOJO
2014/03/08(土)大阪 北堀江club vision ※深夜
2014/03/20(木)大分club SPOT
2014/03/21(金)小倉FUSE
2014/03/22(土)福岡INSA
2014/03/23(日)長崎Studio DO!
2014/03/25(火)岩国Rockcountry
2014/03/26(水)広島Cave-Be
2014/03/27(木)名古屋CLUB UP SET
2014/03/28(金)心斎橋CONPASS
2014/04/11(金)仙台MACANA
2014/04/13(日)立川BABEL
2014/05/04(日)渋谷Milky way ※ツアーファイナル ワンマン!!

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る