前へ

次へ

特別な非日常空間で贈られたラグジュアリーショウ“Dress up 2 You”徹底レポート!

THE PINBALLS | 2020.11.10

 THE PINBALLSが、10月3日(土)に神奈川・Motion Blue YOKOHAMAでアコースティックワンマンライブ「Acoustic session Live “Dress up 2 You”」を行った。

 極上ロックナンバーの数々をラグジュアリーなアレンジで聴かせる自身初のセルフカバーアルバム『Dress up』を9月にリリースし、また新たな可能性を窺わせたTHE PINBALLS。レコ発となるこのアコースティックショウは、バンドにとっても、おそらく足を運んだお客さんにとっても、かなり久しぶりのライブということで、場内には開演前から独特の緊張感が漂っていた。万全の新型コロナウイルス感染対策のもと、昼夜2部構成で実施された「Acoustic session Live “Dress up 2 You”」。本稿では、2部(夜公演)の模様をレポートする。

 アルバムと同じく、ゲストミュージシャンを迎えた本公演。そのうちの2人――furani(Key)と森秀輝(Per)がまずは板付きでフリーセッションするなか、石原天(Dr)、森下拓貴(Ba)、中屋智裕(Gt)、古川貴之(Vo)とメンバーが1人ずつブルーの光に染められたステージへと姿を現し、椅子に腰掛け、演奏の輪に加わっていく。そして、古川が鮮やかに<what a wonderful world!>と歌い出す「欠ける月ワンダーランド」でライブはスタート。

 初の大所帯編成による優雅なムード、ひとつひとつの音が繊細にしっとりと響くアンサンブルに早くも胸が高鳴る。『Dress up』のインタビュー(参考記事:極上ロックナンバーをラグジュアリーにドレスアップしたセルフカバーALの真実。 https://music.fanplus.co.jp/special/202009159501aa769)で「歌が以前よりも良くなってきた」と話していた古川のファルセットもきれいに映え、非日常な空間であるMotion Blue YOKOHAMAとの相性はのっけから最高だ。そんなラグジュアリーさが一転し、続いてはガーンと轟くピアノで幕を開ける「劇場支配人のテーマ」。フラッシュが時折ハードに輝く赤い照明の下、アコースティックショウにおいてもロックンロールバンドとしての矜持をしっかり伝えるのが彼ららしい。古川と中屋のアコギが激しく絡むその熱いパフォーマンスに、マスク着用で座って観覧しているオーディエンスも興奮した様子で、身体を震わせたり頭を揺らしたりして応え、曲が終わると大きな拍手が湧き起こった。

 最初のMCでは「いやあ、心の底から気持ちいい! 拍手もうれしい! 歌いながらモリ(森下)と目が合って、幸せだなあと思いました。音楽を楽しめることも。このチャンスをくれたのは皆さんなので、本当にありがとうございます」と古川が挨拶。「ドレスアップした楽曲をお届けしてます。(「劇場支配人のテーマ」で)<まともなピアノ弾きなんていないし>って歌詞を作ったんだけど、今日は違うのがわかったでしょ?」と話して鍵盤のfuraniを、そして「石原くんの師匠でもある」というパーカッションの森を紹介した。またアルバム『Dress up』について、「これまでにないほどメンバーで意見を戦わせて、本音を言い合いました。その成果で今日のライブができてる」と自信を覗かせるシーンも。

 「新しく生まれ変わった夢の世界を俺ももう一度見たい」と古川が前置きした「沈んだ塔」は、『Dress up』の中で最もアレンジが変わった曲で、ムーディーに響く中屋のギターがグッと際立つ。さらに、ウィンドチャイムが滑り込んで始まる「DUSK」と、うっとり酔いしれる瞬間は続き、セットリストが進むにつれて音が気持ち良く辺りに染みわたっていく。次のMCでも「いい夜ですね。皆さんに久しぶりに会えて、ライブができて本当にうれしいです。入場前の緊張してるときにメンバーを見てたんですけど、やっぱりこいつらのこと好きだなって思いました」と楽しそうに語る古川。

 「『ジョジョの奇妙な冒険』が好きな方です」と古川が迎え入れた薗田佳煇(Sax)とともに、また一段階ドレスアップした演奏を届けた中盤。「悪魔は隣のテーブルに」では、石原の4ビートに合わせてフロアから手拍子が湧き、洗練された心地よいスウィング感に乗せてサックスの音色も華麗に舞う。「299792458」になれば、ジャジーなテイストはますますアップ。メンバー4人のバンドサウンドに、キーボード、パーカッション、ウィンドチャイム、サックスが彩りを添え、恍惚として聴き入る濃密な時間が訪れた。

 ナイスなアクセントになったのは、バンドにとって珍しい試みのカバー曲。薗田に代わってemyu:(Vn)が呼び込まれて披露されたOasisの「Wonderwall」は、古川が大好きな曲で、かつては路上ライブで冬によくメンバーと奏でていたのだそう。曲前にそんな思い出を話しながら、ふと涙してしまう古川の姿も印象深かった。序盤の古川によるアコギ弾き語りだけでもいい雰囲気だけれど、バイオリンをはじめとする色とりどりの楽器が折り重なり、アンセムが美しく壮大に輝き出すさまはとても感動的だったので、願わくばぜひとも音源化してほしい。

 続く「way of 春風」も、ハイライトとなったシーンのひとつ。この曲に込められたエピソードとして、古川の愛猫のラムがある日小っちゃいヒナの鳥をくわえて運んで帰ってきたこと、今にも死んでしまいそうなその鳥を獣医さんのところへ連れていったが助からなかったこと、どこか遠くの場所に埋めてあげたいと思って歩いたのに結局それほど遠くまでは行けず、そんな自分が悔しくて情けなかったこと、そのときの心情を綴ったということを、古川は歌う前に明かした。「自分が嫌いで悩んだりすることもあるけど、あまり完璧じゃなくていい。自由な気持ちでいてほしい」とも付け加え、演奏が始まる。楽曲の背景を聞いたせいか、バンドの繊細なアンサンブルは、まるで彼のやるせなさをやさしく包み込んでいるかのよう。切なくてやるせない、なのに温かくて爽やかにも受け取れる「way of 春風」に、こういう誕生秘話が存在したとは……MCを含む一連の流れが、なんだか本当に贅沢で素敵に感じられた。

 気づけば、あっという間にライブは後半。跳ねたビートの上で各楽器がアグレッシブに絡み合う「毒蛇のロックンロール」で再び熱量を増すと、「アダムの肋骨」では普段は控えめな石原がドラムセットの前に出てきてカホンをプレイする。冒頭の鮮烈なバイオリンソロから高まるラテンのノリ、低く唸る森下のアコースティックベース、古川のシャウトもキレキレでかっこいい!

 ゲストミュージシャンがすべてステージを降り、本編ラストはメンバー4人だけで「ワンダーソング」を演奏。「いろんなミュージシャンに入ってもらったからこそ、4人でバンドをやる楽しさに気づけた。改めて自信が持てた」と話す古川がラストにいちばんふさわしいと選んだそうで、くよくよした時に「やっぱりもう一度歌いたいと思って作った曲」なのだという。そんな自分に対して「やめたい」と言ったことがない3人へ感謝を込めた、<もしももう一度 唄を唄うなら><すべてをなくしても/すべてをなくすだけだから>と歌うこの曲が、Motion Blue YOKOHAMAを清々しい空気で満たしていく。THE PINBALLSが一皮剥けた手ごたえを強く印象づけながら。

 アンコールには古川がひとりで再登場。メンバーの頼もしさを知ったうえで、あえてひとりでやらせてほしい想いがあったらしく、「世の中が大変なときに足を運んでくれて、一緒にいてくれて本当にうれしいです。今日が最後かもしれないという気持ちで歌わせてください」と伝え、「片目のウィリー」をアコギ弾き語りで味わい深く披露した。アルバムや公演タイトルとして“ドレスアップ”が謳われていたけれど、このライブではむしろ、逆にバンドの素の部分=“ネイキッド”な強さを随所で感じ取れたのが見どころだったように思う。

 オーラスはゲストミュージシャンを含めた全員を招き入れ、計8人で贈る「あなたが眠る惑星」で大団円。ミラーボールがキラキラと回り、客席から手拍子があふれる最高なムードのなか、「いい夢が見られると約束します」と話した古川をはじめ、間奏のタイミングでアイコンタクトを取って微笑み合うメンバー4人の表情が素敵だ。サポートの面々もみんな楽しそうで、いい顔をしている。

 すべてのメニューを終え、森下の音頭でオーディエンスと乾杯したメンバーは、充実感を纏わせてステージを去った。「気持ちいい」「しあわせ」「ありがとう」と何度も繰り返していた古川の言葉と揺るぎない歌が、今も胸にじんわりと残っている。かなり理想的な境地に達しつつある、結成15年目のTHE PINBALLS。これからがますます楽しみです。

【取材・文:田山雄士】
【撮影:かわどう】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル THE PINBALLS

リリース情報

millions of oblivion

millions of oblivion

2020年12月16日

日本コロムビア

01.ミリオンダラーベイビー
02.ニードルノット
03.神々の豚
04.放浪のマチルダ
05.赤い羊よ眠れ
06.マーダーピールズ
07.ストレリチアと僕の家
08.惑星の子供たち
09.ブロードウェイ
10.オブリビオン

リリース情報

Acoustic Self Cover Album『Dress up』

Acoustic Self Cover Album『Dress up』

2020年09月16日

日本コロムビア

01.欠ける月ワンダーランド
02.299792458
03.毒蛇のロックンロール
04.沈んだ塔
05.way of 春風
06.DUSK
07.悪魔は隣のテーブルに
08.アダムの肋骨
09.劇場支配人のテーマ
10.ワンダーソング
11.あなたが眠る惑星

セットリスト

Acoustic session Live “Dress up 2 You”
2020.10.03@Motion Blue YOKOHAMA

  1. 01.欠ける月ワンダーランド
  2. 02.劇場支配人のテーマ
  3. 03.沈んだ塔
  4. 04.DUSK
  5. 05.悪魔は隣のテーブルに
  6. 06.299792458
  7. 07.Wonderwall (cover)
  8. 08.way of 春風
  9. 09.毒蛇のロックンロール
  10. 10.アダムの肋骨
  11. 11.ワンダーソング
【ENCORE】
  1. EN1.片目のウィリー
  2. EN2.あなたが眠る惑星

お知らせ

■ライブ情報

THE PINBALLS Live Tour 2021
“millions of memories”

2021/02/05(金) 千葉 LOOK
2021/02/13(土) 福岡 CB
2021/02/14(日) 岡山 ペパーランド
2021/02/19(金) 宮城 仙台MACANA
2021/02/21(日) 北海道 札幌SPiCE
2021/03/06(土) 大阪 Banana Hall
2021/03/13(土) 香川 高松DIME
2021/03/14(日) 愛知 名古屋Electric Lady Land
2021/03/27(土) 長野 LIVE HOUSE J
2021/03/28(日) 石川 金沢vanvan V4
2021/04/08(木) 東京 渋谷TSUTAYA O-EAST
※全会場ワンマン公演

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る