前へ

次へ

2年ぶりに行なわれたコブクロのツアーinさいたまスーパーアリーナ!

コブクロ | 2013.07.22

 今年5月の福岡マリンメッセからスタートした、コブクロ約2年ぶりのツアー。2daysとなったさいたまスーパーアリーナの2日目には、2人の元気な姿と久しぶりの歌声を待っていた18,000人ものファンが駆け付けた。
 オープニングは、このツアーのタイトルにもなっている「One Song From Two Hearts」という新曲。よく見ると、小渕の足元にはバスドラがセットされていて、アコギを掻き鳴らしながらもしっかりとリズムを刻んでいる。その鼓動のようなビートに導かれ、小渕と黒田、そしてコブクロとオーディエンスという、それぞれにかけがえのない絆を持つ”2つの心”から生まれた大切な歌が、この広い広い会場を”ひとつ”にしていった。「彼方へ」、「神風」と勢いは加速していき、2人もアリーナ中央まで伸びた長い花道の先にいる。いつもと変わらない、でも確実にパワーアップした2人のあたたかい歌声が響き渡った。
 自己紹介もそこそこに、お互いの衣装をいじり倒す2人(笑)。今回は黒田が小渕の私物アクセサリーを勝手に持ち出してくるという暴挙で力の差を見せつける形となったが(笑)、相変わらずのやり取りに会場は終始大爆笑。大吉しか引いたことないという黒田の強運ぶりや某ポップ・クイーンとのMC量の比較など、その後もジャンルレスな話題で盛り上げてくれた。
 アンコールを含めると全19曲が披露されたこの日。セットリストでもおわかりのとおり、そのうちなんと7曲が、このツアーで初めて歌われる新曲という思い切った構成になっていた。このツアーでどう響くのかを2人で確かめ、ゆっくりレコーディングしていこうと思っている曲だと語っていたが、とにかくその完成度と存在感に圧倒されっぱなし。特に10年後の自分を思い描く「未来切手」や命の尊さと向き合って生まれた「りんごの花」などは、スクリーンに映し出された映像の世界観とも相まって、言葉がグッと胸にしみ入って来た。「LIFE GOES ON」は久しぶりに黒田が書き下ろした新曲で、R&B?ゴスペルのような雰囲気も。この曲ではムーグを操る小渕の姿もあり、いろんな意味で新鮮な印象を残す1曲となった。ちなみに小渕は1曲目のバスドラに加え、アコースティックコーナーでカホンやシェイカーを、恒例のウエーブではボーカルをバンドメンバーのラムジーさんに任せてパーカッションを叩く場面もあり、これまでのスタイルに縛られない自由な試みが随所に取り入れられていたように思う。続々と完成している新曲が惜しげもなく披露されたり、おなじみの曲であってもリアルな感情を爆発させる歌い方で圧倒したり、ハッとする驚きや喜びをサラリと共有させてくれた今回のライブは、活動再開からの日々で新しい空気を胸いっぱいに吸い込んだ”今”の2人だからこそ作り上げることが出来たものに違いない。ライブ後半はキラッキラのメロディーを連発したメドレー、2人がアリーナを歩き回りながらコール&レスポンスを楽しんだ「轍」と続き、心からの”頑張れ”を込めたという新曲「ダイヤモンド」で本編の幕を閉じた。

「もう一度ゼロから始めてるツアーです。この9本のツアーが、コブクロの新しい始まりです。活動を再開したけど、さてどうするか…という不安を抱えてなかったと言ったらウソになる。去年はむしろ失敗するところも見てもらわなきゃなっていう覚悟もしながら、でも歌いたいっていう気持ちが一番大事なんだと思いながら、少しずつ不安を打ち消してきました。でも、このツアーで一気にクリアになりました!最高の気持ちで歌えています!」(小渕)

 晴れやかな表情の2人を大きな拍手で迎えたアンコールでは、今回作った新曲の中で一番最初に歌詞を書いたという「モノクローム」がまず披露された。活動休止という状況の中で感じた<いつも側にあったはずの音楽が離れていくような、言いようのない感覚>が、きっとこんなにも切ないラブソングになったのだろうと小渕。「歌えることも、ライブがやれることも決して当たり前じゃないんだとわかった」とも語っていたが、だからこその気持ちを込めたそのハーモニーは格段に力強かった。そしてラストは「桜」。言葉以上の気持ちをひとりひとりに届けるような歌声が、静かに、熱く、響いていた。

【取材・文:山田邦子】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル コブクロ

関連記事

リリース情報

One Song From Two Hearts / ダイヤモンド

One Song From Two Hearts / ダイヤモンド

2013年07月24日

ワーナーミュージック・ジャパン

1.One Song From Two Hearts
2.ダイヤモンド
3.ラブレター
4.One Song From Two Hearts(Instrumental)
5.ダイヤモンド(Instrumental)
6.ラブレター(Instrumental)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

トップに戻る