前へ

次へ

360°スクリーン!ニコ生中継でDISCO!!! the telephonesのプレミアムナイト

the telephones | 2014.01.14

 「毎年恒例、年に一度の『SUPER DISCO Hits!!!』にようこそぉ?! 今年は家のPCの前でも、会場でも踊れるぜ!! Are you DISCO?」
 石毛輝(Vo&Gt&Syn&Programming)の第一声に、ニコファーレに集まった約300人のファンが両手を上げて大歓声で応え、会場を360°囲むLEDスクリーンに、ニコ生コメントが一斉に流れる。
 クリスマスイブ・イブの12月23日、六本木ニコファーレで行われた、the telephonesの年末恒例ライブ『SUPER DISCO Hits!!! “nico nico”』。年々、チケットの入手が困難になっているこのイベント。今年はチケットが入手出来なかった人が自宅のPCでも楽しめるようにと、『ニコニコ生中継』による同時生配信で開催。会場で観覧するオーディエンスだけでなく、PCで視聴している全国20,000人を超えるファンが、約2時間半に渡って踊り狂った。

 大歓声に包まれながら、アフロヘアのヅラをかぶって登場したメンバー。「Are you DISCO?」のシャウトから、「みんなで歌おうぜ!」と始まった1曲目は「Odoru ?朝が来ても?」。いきなりのメロディアスなミディアム・テンポの曲に意表を付かれるも、まるで始まりの儀式のように、歌を口ずさみながら身体を揺らすオーディエンスに、会場がひとつになっていくのが分かる。続いて、間髪入れずに始まったのは、「DISCO AGE MONSETRS」。まるで蓄積されたエネルギーが一気に放出するように、フロアは一気にヒートアップ。混沌と狂乱の夜が本格的に幕を開ける。
 会場を熱気が包む中、「Urban Disco」、「RIOT!!!」とアッパーな曲が続いた前半戦。攻撃的な歌や演奏も圧巻だが、曲に合わせたCGアニメやイメージ映像が全方位から映し出される映像演出も圧巻! 「Baby Baby Baby」では、360°スクリーン全体に何十人にも増殖した岡本伸明(Syn&Cowbell&Shriek)が映し出され、カウベルを打ちながら踊り狂いオーディエンスを煽る。フロアを張り巡らすスクリーンの映像で、ステージのみならず会場全体が煌々とした明かりに照らされるニコファーレの雰囲気は、明らかに通常のライブハウスとは異なり、演者を選ぶところもあると思うが??。the telephonesの楽曲、パフォーマンスとニコファーレの映像演出の相性は、まさに抜群!! 聴覚だけでなく視覚まで刺激されているうちに、脳内がトランス状態に近い感覚に陥り、楽曲世界にどっぷり入り込むことでとんでもない高揚感や多幸感が押し寄せてくるのだ。これ、ヤバいでしょう!?

 「『SUPER DISCO Hits!!!』も6年目、8回目でございます。今回は文明の利器を使って、ニコ生中継です! 年に一度のお祭りだから、僕らも楽しみにしてました」と改めて挨拶する石毛。「Wooo Hooooo」をオーディエンスと共に歌った後は、スクリーンに映る少年時代のメンバーの姿も効果的だった「90’S Drama Life」をドラマチックに聴かせ、「明日はクリスマスだぜ?」と星空が全方位に映し出される中で演奏した「Romantic Disco」をロマンチックに聴かせと、オーディエンスや視聴者を魅了。聴き慣れたイントロに大歓声が上がった「A.B.C.DISCO」で会場をブチアゲると、フロアからは「楽しいよーーっ!」と歓喜の悲鳴が聞こえてくる。
 続いてのMCでは、この日に合わせて、緑をベースとしたクリスマスカラー(?)に髪を染めた松本誠治(Dr)が話題に上がり、ニコ生の投票機能を使った、「誠治の髪型ネーム投票」が行われる。5つのネーミング候補の中から、約半数の投票を獲得した松本の呼び名は“北浦和の志茂田景樹”(笑)。「この髪型が俺の意思じゃないことだけは分かって欲しい!」と松本が懇願した後は、「毎年恒例の新曲を披露します」と鮮烈なリフが印象的な、ハイテンションなダンスロック・チューンを披露。さらに「It’s Alright To Dance (Yes!!! Happy Monday!!!)」、「electric girl」とアッパーな曲が畳み込むように続き、独特のシンセのリフが高揚感を煽る「SAITAMA DANCE MIRROR BALLORS!!!」にオーディエンスが踊り狂う。
 「今年ももう終わり。お前ら、悔いを残すな! ここからはさらに会場のみんなと、PCの前のみんなのお前らの体力を奪いに行く!!」と岡本がオーディエンスや視聴者を煽ると、「ここから暴れようぜ」と石毛が告げ、「I Hate DISCOOOOOOO!!!」のイントロが鳴る。真っ赤な照明が会場を照らす中、我を忘れたオーディエンスのモッシュやヘドバンが波打つ光景は、DISCOというよりCHAOS! 「A A U U O O O」、「D.A.N.C.E to the telephones」では大暴れしながら両手を上げて、大きな声でコールを応えるオーディエンス。さらに「HABANERO」に全員がジャンプを合わせ、「sick rocks」のギターリフに大歓声が上がる。「視聴者18,000人超えた」とニコ生視聴者から報告がある中、会場の天井知らずの盛り上がりはPC前の視聴者にも伝わっているようで、「Monkey Discooooooo」では、フロアの「We Are DISCO!!」コールに合わせて、“Discoooooo”の文字がスクリーンを埋め尽くし、PCの前にいる視聴者の興奮も会場に伝わってくる。「愛とディスコ、全力で届けるかい?」と石毛が肩で息をしながら問いかけ、始まった本編ラストは「Love&DISCO」。センチでハートウォームな楽曲に会場が幸福感に包まれる中、拍手を意味する「88888」や感動を告げる視聴者のコメントがスクリーンを埋め尽くし、会場にいるバンドとオーディエンス、そしてPC前のニコ生視聴者に強い一体感が生まれる中、本編が終演。

 アンコールの声にステージに登場した4人。「やっぱ、このシステムすごいね! たくさんの人に見てもらえて嬉しいです」と石毛が告げると、「明日はクリスマス。自分たちにはそういう曲がないけど、……人の曲だったらあるかも?」と「Snow White Princess!」のシャウトで始まった曲は、白雪姫の「High-Ho」カバー。みんなが知ってるこの曲に“ハイホー! ハイホー!”の歌声が会場に響き、スクリーン上にも合いの手が並ぶ。続く「Oh my DISCO!!!」で一旦ステージを降りたメンバーは、「Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!!」のPVで着用した、80’s風の衣装でステージに再登場。「初の野音、ヨーロッパ・ツアーと色々あった1年ですが、最後のワンマンです。来年もDISCOしようぜ!」と石毛が充実した1年を締めくくるMCを語って始まったダブルアンコールでは、「Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!!」のPVがステージに流れる中、そのままの衣装で同曲を演奏するというスペシャルな演出に会場が大きく湧く! 続く、「Keep Your DISCO!!!」を歌い終えると、石毛が「ニコ生での初の試み、大成功だったと思います。死ぬまでDISCOし続けようぜ!」とスペシャルな夜を締めくくり、ニコ生中継は終了した。

 終演後、鳴り止まないアンコールに再々度、ステージに登場した4人。「放送は終了したけど、ここにいるみんなで歌おうぜ」と、会場のオーディエンスだけのために行われたトリプル・アンコールでは、「埼玉の歌を歌います」と青空の映像の下、「Four Guys From Saitama City」を高らかに歌い上げる。さらにスクリーンいっぱいの大輪の花火が打ち上げられる中、美しいギターと鍵盤のアンサンブルに乗せた「Congratulations!!!」をオーディエンスと共に合唱し、ライブは楽しく美しく大団円を迎える。結果、20,000人超という、ライブ会場で言ったらアリーナレベルの視聴者がニコ生中継を観覧していた、この日のライブ。the telephonesへの注目の高さに驚かされたと同時に、2014年のさらなる飛躍にも期待せずにいられない。

【取材・文:フジジュン】
【撮影:古溪一道】

tag一覧 J-POP ライブ 男性ボーカル the telephones

関連記事

リリース情報

Don’t Stop The Move,Keep On Dancing!!!(初回生産限定盤)(DVD付)

Don’t Stop The Move,Keep On Dancing!!!(初回生産限定盤)(DVD付)

2013年11月06日

EMI Records Japan

ディスク:1
1. Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!!
2. 3,2,1 right now!!!

ディスク:2
1. Monkey Discooooooo(Music Clip)
2. D.A.N.C.E to the telephones!!! (Music Clip)
3. A.B.C.DISCO(Music Clip)
4. kiss me, love me, kiss me(Music Clip)
5. I Hate DISCOOOOOOO!!! (Music Clip)
6. Yeah Yeah Yeah(Music Clip)
7. A A U U O O O(Music Clip)
8. D.E.N.W.A(Music Clip)
9. Keep Your DISCO!!! (Music Clip)
10. Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!! (Music Clip)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

SUPER DISCO Hits!!! “nico nico”
2013.12.23@六本木ニコファーレ

  1. Odoru 〜朝が来ても〜
  2. DISCO AGE MONSTERS
  3. Urban Disco
  4. RIOT!!!
  5. Baby,Baby,Baby
  6. D.E.N.W.A
  7. Wooo Hoooo
  8. 90’s Drama Life
  9. Romantic Disco
  10. A.B.C.DISCO
  11. ex.boyfriend(新曲)
  12. It’s Alright To Dance (Yes!!! Happy Monday!!!)
  13. electric girl
  14. SAITAMA DANCE MIRROR BALLERS!!!
  15. I Hate DISCOOOOOOO!!!
  16. A A U U O O O
  17. D.A.N.C.E to the telephones
  18. HABANERO
  19. sick rocks
  20. Monkey Discoooooo
  21. Love&DISCO
Encore
  1. Heigh-Ho [Snow White and the Seven Dwarfs]
  2. Oh my DISCO!!!
Encore2
  1. Don’t Stop The Move, Keep On Dancing!!!
  2. Keep Your DISCO!!!
Encore3
  1. Four Guys From Saitama City
  2. Congratulations!!!

お知らせ

■ライブ情報

KINOSHITA NIGHT 2014 〜番外編TOUR〜
2014/01/17(金)仙台CLUB JUNK BOX w/ART-SCHOOL

EX THEATER OPENING SERIES 2014 NEW YEAR PREMIUM“GO LIVE VOL.1”
2014/01/25(土)EX THEATER ROPPONGI w/ORANGE RANGE、POLISICS

※詳細、その他のライブはオフィシャルサイトをご覧下さい。

トップに戻る