前へ

次へ

スピッツ「小さな生き物」ツアー、久々のZepp Tokyoでライヴバンドの血が騒ぐ!

スピッツ | 2014.03.27

 ふと階下を覗いてハッとした。人の頭で埋め尽くされたZepp Tokyoのフロア。意図しない、だがまるで整列しているかのような美しい人波を見たのは初めてだった。

 超満員であるにも関わらず醸し出される穏やかな空気、その整然とした様子は、いかにも彼らのファンらしく、なんだか嬉しくなってしまう。衒いなく自然体でいるためには、様々な悲しみや葛藤や諦めがつきまとうことも、また時には何かと闘うこともあるだろう。それぞれの思いを抱えながら開演を待つ人々に、間もなく登場するバンドの姿を重ね合わせてみたりする。

 昨年11月から続く全国ツアー『SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”』の中盤戦、Zepp Tokyo 2Days・2日目。複雑にうねる田村明浩のベース&パフォーマンス、異端のリードギタリスト・三輪テツヤ、盤石の“オイラはドラマー”ぶりを見せつける﨑山龍男、そして繊細かつ揺るぎない歌声を響かせるフロントマン・草野マサムネ。そこにサポート・キーボードのクジヒロコを加え、冒頭からオーソドックスと最新鋭とがせめぎ合うロック・モード全開のステージに、オーディエンスの頭は大きく揺れた。

 「金曜日の大事な夜をスピッツのために割いてくれて本当にどうもありがとう。嬉しいです」「最後まで皆さん楽しんでいただけるように精一杯やりますんで、よろしくお願いします」。今夏で27周年にもなろうというバンドの律儀なMCを挟みながら、最新作『小さな生き物』からの楽曲に新旧織り交ぜた構成でライヴは進んだ。スタートダッシュで速くなった呼吸が徐々に通常の心拍数に近づいていく心地好さ。かつての楽曲が何のノスタルジーも感じさせないばかりか、新曲と同じ輝きを放ちながら共存していた。

 風貌の若々しさは相変わらずでも、年齢を重ねた自分たちを“おじさん”よばわりし、ひとしきり観客を笑わせた後の「ロビンソン」の瑞々しさ。彼らとはこの先もずっと不変と普遍を共有できるであろう喜び。あまりにナチュラルで、時折方向性を見失いがちになる草野の喋りに、田村、三輪の容赦ないツッコミが入るMCは、メンバー同士の気のおけない空気そのものといった様子。

 敬語でMCをする昨今の若手バンドを引き合いに出し、決して若くはない自分も敬語でMCをしていると話した矢先、「オマエラ?!」という草野の精一杯の雄叫びからなだれ込んだ「僕はきっと旅に出る」。「ロビンソン」で聴いた《そして僕ら 今ここで生まれ変わるよ》という耳馴染みあるフレーズが、夜明けの歌「さらさら」を経て、旅立ちの歌へと収斂していく。3年9ヶ月ぶりというこの会場に静かに確かに広がってゆく、僕から僕らへのメッセージ。生まれ変わろうとする僕ら、変わらない僕ら、そしてまたここに立っている僕ら。何かを振り切るように再びロック・モードへと突入するメンバー、だが佇まいはいずれも軽やかだ。縦横無尽に動き回り、ドラムセットに登ってジャンプする田村、それに応える﨑山。ステージの際ギリギリでギターを炸裂させる三輪は草野とのツインギターも披露。メンバー個々が自分を色濃く浮き彫りにし、それがバンドとしての一体感に繋がる。どんな時でも“正しくスピッツであること”を貫いてきた彼らは今、さらに盤石だ。

 「皆さんと同じ空間で過ごせてかったです。この先も面白い曲をいっぱい作って、長く長くやっていきたいと思います」。そんな言葉で締めくくられたアンコール。ささやかな自らの存在を認め、決意を新たにした彼らは、“全員ヘビメタあがり”の血が騒ぎだすかのごとく再びハードに突っ走った。

 5月まで続く全国ツアーの後にはアリーナ・ツアー「SPITZ THE GREAT JAMBOREE 2014 “FESTIVARENA”」の開催も発表。スピッツは単独で初めて日本武道館のステージに立つ。

【取材・文:篠原美江】
【撮影:JUNJI NAITO】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル スピッツ

関連記事

リリース情報

小さな生き物(通常盤)

小さな生き物(通常盤)

2013年09月11日

ユニバーサルJ

1.未来コオロギ
2.小さな生き物
3.りありてぃ
4.ランプ
5.オパビニア
6.さらさら
7.野生のポルカ
8.scat
9.エンドロールには早すぎる
10.遠吠えシャッフル
11.スワン
12.潮騒ちゃん
13.僕はきっと旅に出る

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

お知らせ

■ライブ情報

SPITZ JAMBOREE TOUR 2013-2014 “小さな生き物”
2014/03/28(金)宮崎県 宮崎市民文化ホール
2014/03/29(土)鹿児島県 鹿児島市民文化ホール第一
2014/03/31(月)福岡県 Zepp Fukuoka
2014/04/05(土)長野県 ホクト文化ホール(長野県県民文化会館)
2014/04/11(金)沖縄県 沖縄コンベンション劇場
2014/04/12(土)沖縄県 ミュージックタウン音市場
2014/04/20(日)北海道 北見市民会館
2014/04/22(火)北海道 苫小牧市民会館大ホール
2014/04/23(水)北海道 Zepp Sapporo
2014/04/28(月)石川県 金沢歌劇座
2014/04/30(水)愛知県 Zepp Nagoya
2014/05/02(水)広島県 広島文化学園HBGホール(広島市文化交流会館)※振替公演
2014/05/06(火・祝)青森県 リンクステーションホール青森(青森市文化会館)
2014/05/08(木)秋田県 秋田県民会館
2014/05/15(木)滋賀県 滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール 大ホール
2014/05/17(土)愛媛県 松山市民会館
2014/05/19(月)高知県 高知県立県民文化ホール オレンジホール

SPITZ THE GREAT JAMOREE 2014 “FESTIVARENA”
2014/07/02(水)愛知県 日本ガイシホール
2014/07/03(木)愛知県 日本ガイシホール
2014/07/09(水)東京都 日本武道館
2014/07/10(木)東京都 日本武道館
2014/07/15(火)大阪府 大阪城ホール
2014/07/16(水)大阪府 大阪城ホール
2014/07/21(月・祝)福岡県 福岡国際センター
2014/07/22(火)福岡県 福岡国際センター
2014/07/31(木)東京 日本武道館
2014/08/01(金)東京 日本武道館

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る