前へ

次へ

音楽愛に満ちた至上のステージ。椎名林檎の『“林檎博’14 -年女の逆襲-”』完全レポ

椎名林檎 | 2015.01.05

 椎名林檎の15周年の流れは、どれも素晴らしいプロジェクトばかりだった。渋谷オーチャードホールで開催されたライブ“椎名林檎 十五周年 党大会 平成二十五年神山町大会”や、提供楽曲をセルフカバーしたアルバム『逆輸入~港湾局~』。15周年を経た今年11月にリリースしたオリジナル・アルバム『日出処』など、破竹の勢いでその才能を全開にした。その締めくくりとして、“林檎博’14 -年女の逆襲-”があるとすれば、心してかからなければならない。

 前回の林檎博は10周年の時で、同じさいたまスーパーアリーナで行なわれた。その際は、バックに総勢65名編成のバンドと管弦楽団を従えて、ライブというよりは“リサイタル”といった趣きだった。さて、今回はどんな趣向が待っているのだろうか。

 暗転になって、ステージを覆っていた白いスクリーンが切って落とされると、ステージは2階建て構造。1階にはバンドが、2階にはストリングスとブラス・セクションがいた。総勢35名の大編成。林檎は歌いながら登場。ステージ後方から、舟型のセットに乗って、レーザーの海を滑るように渡っての入場だ。赤、青、黄色のトライバルなマントをまとい、羽根と骨の帽子をかぶった林檎は、まるで黄泉の国へ向かうエジプトの旅人のように見える。彼女はオーディエンスをどこの国へ連れて行こうというのだろうか。度肝を抜かれた観客は、かたずを飲んで立ち尽くす。主導権は、完全に林檎の手の内に落ちた。

 3曲目「赤道を越えたら」でラテンロックのリズムが聴こえてきたところで、オープニングの張りつめた空気から解放されて、ようやくひと息つく。前回の林檎博が“静”だとしたら、今回は“動”。ありとあらゆる手段を使って、林檎は五感を刺激する。 みどりんが官能的なグルーヴを繰り出す。トロンボーンの名手・村田陽一が切れのいいソロを取る。背後のスクリーンでは、最新技術を駆使したVJが展開される。一瞬たりとも、目と耳が離せない。林檎自身はタンバリンを鳴らしながら歌い、その声に寄り添う浮雲のコーラスが効いている。浮雲はギタリストとしても有能だが、今回はボーカリストとしても大フィー チャーされている。とにかくステージにいる全員が、林檎の目指すエンターテイメントの実現に、全力で立ち向かっているのが印象的だ。

 林檎がギターを掻き鳴らしながら始まった「やっつけ仕事」、オフホワイトのシルクチュールのロングドレスに着替えた「遭難」、女性ダンサー2人が艶やかに踊る「JL005便で」、ビジョンに 映るピアノとバイオリンが炎に包まれる「Between today & tomorrow」など、人間の至上の音楽表現とテクノロジーの最先端が一丸となって、特別な時間と空間を創出する。MCなし、ノンストップで進行するこのショーに圧倒されるばかりだ。

 終演後、コンダクター&バイオリンの斎藤ネコさんが、「ぶっ続けの構成なので、大変。このメンバーじゃなければできないし、でもみんな楽しんでやってます」と、この緊張と歓びが同居するライブのことを語ってくれた。

 最近、派手な舞台演出に頼り、ろくに演奏もしないで“ファンタジックなライブ”を標榜する若手グループがいるが、林檎の音楽愛と人間愛に満ちたステージは、それとは完全に一線を画する。知力と努力と才能をもって到達する“ファンタジー“は、目を閉じていても、耳をふさいでいても、いやおうなく感動を呼び起こすパワーがある。

 ニューアルバム『日出処』からの曲をうまく散らしながら、 聴かせどころを心得たライブが進む。シングルヒットをほとんど演奏しないのに、オーディエンスをぐいぐい引っ張っていく。決めどころで「NIPPON」や「自由へ道連れ」が爆発的な効果をもたらし、「流行」や「主演の女」でアグレッシブなパフォーマンスの中にもキュートな魅力を潜ませる離れ業をやってのける。

 クライマックスの「静かなる逆襲」で、林檎は胸元も露わなレオタード姿。背中にペガサスを彷彿とさせる羽根を装着する。ダンサー2人は頭に鋭い角を一本立てて、まるでユニコーン(一角獣)だ。オープニングのエジプトから、ラストのギリシャへと、神話の世界に遊んでみせたかのようだった。

 アンコールで林檎は、ようやく口を開いた。
「ようこそ、林檎博へ。お話もせんと、やってしまいました。 だって、どんどん致したくなってしまうような皆さんだったんですもの」と、MCなしを笑顔で詫びて「ありきたりな女」で締めた。怒涛の110分、あっという間のライブだった。

 スリリングなライブの余韻にひたりながら、帰宅してテレビをつけると、ちょうど林檎と作家の西加奈子が対談をしていた。「日本はロリコン文化。そろそろ裏方に回りたい」と語る林檎。成熟しないこと をよしとするアーティストとリスナーに、苛立ちを隠さない。そのとき僕は、さっき観たライブを思い返していた。林檎は15周年ライブを、徹底的に“成熟”で貫いた。スタッフもミュージシャンも、表現したいものに集中し、誰も見たことのない世界を表出していた。ポップな大人であろうとする椎名林檎は、この国の音楽シーンでは孤高にならざるを得ないのかもしれない。それでも、まだ裏方に回って欲しくないと願うばかりだ。

【取材・文:平山雄一】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル 椎名林檎

リリース情報

日出処(初回限定盤A)[CD+Blu-ray]

日出処(初回限定盤A)[CD+Blu-ray]

2014年11月05日

ユニバーサル ミュージック

[CD]
1. 静かなる逆襲
2. 自由へ道連れ
3. 走れゎナンバー
4. 赤道を越えたら
5. JL005便で
6. ちちんぷいぷい
7. 今
8. いろはにほへと
9. ありきたりな女
10. カーネーション
11. 孤独のあかつき(信猫版)
12. NIPPON
13. ありあまる富

[初回限定盤特典DVD、Blu-ray Disc共]
ミュージック・ビデオ全6曲収録
「ありあまる富」「カーネーション」「自由へ道連れ」「いろはにほへと」「NIPPON」「ありきたりな女」

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

林檎博’14 -年女の逆襲-
2014.11.29@さいたまスーパーアリーナ

  1. 葬列
  2. 赤道を越えたら
  3. 都合のいい身体
  4. やっつけ仕事
  5. 走れゎナンバー
  6. 渦中の女
  7. 遭難
  8. JL005便で
  9. 私の愛するひと
  10. 禁じられた遊び
  11. 暗夜の心中立て
  12. Between today & tomorrow
  13. 決定的三分間
  14. 能動的三分間
  15. ちちんぷいぷい
  16. 密偵物語
  17. 殺し屋危機一髪
  18. 望遠鏡の外の景色
  19. 最果てが見たい
  20. NIPPON
  21. 自由へ道連れ
  22. 流行
  23. 主演の女
  24. 静かなる逆襲
Encore
  1. マヤカシ優男
  2. ありきたりな女

トップに戻る