ニューシングルの3曲に隠されたエピソードと、なきごとの音楽的成長がここに。

なきごと | 2020.04.01

 去年の11月、新代田FEVERで観たなきごとはすごかった。爆裂ラウドなギターロック、切なさをたっぷり染み込ませたメロディ、ボーカル・水上えみりのフォトジェニックな立ち姿、甘いのに凛とした美しい声。女性2人組ロックバンドの逸材と見て間違いないが、先走るのはやめて目の前の新曲を聴こう。ニューシングル「sasayaki」に収められたのは、軽やかにポップなダンスロックから壮絶シューゲイズに至る、彼女たちの才能の幅広さを見せつける3曲。シリアスもユーモラスもごちゃまぜに、全力疾走するふたりは輝いてる。

なきごと /『sasayaki』[トレーラー]【2020/3/25(水) Release!!】

――お久しぶり。11月の「夜のつくり方ツアー」ファイナル以来ですか。
水上えみり(Vo/Gt):結構前な感じがしますね。その後、自主企画(「鳴言vol.2」)もありましたし、今回のリリースの制作もあったので。
――自主企画、行けなくて申し訳ない。どうでした?
水上:楽しかったです。ひとつの節目になるライブだったので、それをeggmanでやることができてうれしかったです。前作のツアーファイナルの新代田FEVER(2019年11月24日)の時よりも人が入っていたみたいで、それだけ応援してくれる人が増えたんだなと思いました。
――今回のシングルのリード曲「セラミックナイト」も、そこでいち早く披露したとか。
水上:はい。「セラミックナイト」「アノデーズ」はそのeggmanが初披露でした。そのあと名古屋でもやりました。レコーディングはいつだっけ?
岡田安未(Gt):クリスマスを挟んで、20日と26日だった気がする。
――作ったのは?
水上:ツアー中に作っていて、最終的にはレコーディングの1週間前とかにやっと納得いくものが出来ました。楽曲的なイメージはそんなになかったんですけど、最近作る曲が、どうやっても暗い曲ばかりだったので、明るくてポップな感じを意識しました。アレンジをみんなで考えたんですけど、サビの独特なドラムのフレーズがあって、あれは裏打ちをしたい私と、ハーフ(タイム)で落としたほうがいいというみんなの意見の折衷案です(笑)。「こういう感じでいい?」「これだ!」みたいな。あの瞬間はヤバかったです。アガりました。
なきごと / 『セラミックナイト』【Music Video】
――ドラムとベースはサポートだけど、バンドっぽくみんなでアレンジしてる。
水上:そうですね。
岡田:前作の『夜のつくり方』は、レコーディングする前からアレンジががっちり固まってたんですけど、今回録った「セラミックナイト」「アノデーズ」は、あんまり固まってなくて。特に「セラミックナイト」は、レコーディング中に「こういうのどう?」って提案してくれて、出来上がりました。
――いいメンバー。そして歌詞は? これ、何の歌なんだろう。
水上:逆に、どう思いました?
岡田:新しいね(笑)。
――正直わかんない(笑)。でも1番に「永久歯」が出てきて、2番に「乳歯」が出てくるでしょ。そこが気になるのと、でも「餅をつつく」がなんだかわかんない。
水上:これは意外と単純で、抜歯の曲なんです。
――あー! そうか。それでセラミックなのか。
水上:去年の夏に歯を抜いたんですけど、その時の抜歯の怖さを、「これは歌詞にしなきゃ」と思って書いたものがあったんで、今回それを引っ張り出して曲にしました。歯を抜くと、血に餅と書いて「血餅」っていうものができるんですよ。私も初めて知ったんですけど、タピオカみたいな形の(笑)。かさぶたの代わりに。
――へえー。知らなかった。
水上:それがすごく気になっちゃって、舌先でつついちゃう。それを表面的には書きながらも、その中には、大人になれない自分と、大人になったつもりでいる自分を、乳歯と永久歯にたとえて、未熟なままだと「もうダメだ」っていう闇みたいなものを、裏テーマとして入れてます。
――納得。でも抜歯の歌って初めて聴いたかも。
水上:それぐらい私の中ではショッキングな出来事だったんで(笑)。私、歯磨きがヘタクソらしくて、犬歯の横が左右どっちも虫歯になってて、こっち側が手遅れだったという。めちゃ痛かったです。
――聞いてるだけで痛い……。でも、「セラミック」と聞いてわかる人にはわかる歌かも。
水上:そうかもしれない。<エナメルなんてもう壊れて/お手上げ万々歳>とか、<ぽっくり神経なくなったんなら/やっと満たせる>とか。抜歯して、やっとご飯がおなかいっぱい食べられるようになったよ、みたいな表現だったりします。
――面白いなあ。安未ちゃんは歯は丈夫ですか。
岡田:私、虫歯にならないんです。親に感謝です。
水上:幸せな子なんです。
岡田:ちっちゃい時に、大人の口の中の細菌が移らなかったら虫歯になりにくい口内環境になるらしくて。例えば、大人が口をつけたスプーンで食べさせたり、大人がちっちゃい子にチューしたりすると、「かわいいねえ」って、あれをやられると移るんですけど。
水上:えー! 私、めっちゃチューされてた。お母さんに。
岡田:うちは移ってないから、愛がなかったのかな……。
――そういうことじゃないと思う(笑)。
水上:それって子供の頃になるの? 私、子供の頃には虫歯がなくて、ここ2、3年で一気に増えたんだけど。
岡田:歯医者じゃないからわかんないけど(笑)。なんだろうね。とにかく歯磨きは大事です。
――歯磨きは大事だぞという歌。でも、どうなんだろう。なきごとって、シリアスな曲のイメージが強いけれど、言い方悪いけど、こういうライトなテーマの曲も全然やる。
水上:そうですね。自分で書いてる時は、シリアスとも思ってないし、ライトとも思ってなくて、自分が思った感情を表現するのが楽しくて書いてるので。内容の深さに関してはあんまり考えてないのかもしれないですね、そう言われると。
――それって強みだと思う。何のテーマでも書けるということだから。興味さえあれば。
水上:そうですね。興味のないことに関しては、まったく書けないです。
――納得。ライブで盛り上がる曲だと思うんで、楽しみにしてます。そういえば、この曲、最後にベースだけぶにょぶにょってはみ出して終わるでしょう。あれは?
水上:そのほうがかっこいいかな?と思ったのと、最後に歯がぽんと抜ける感じがするなと思って(笑)。
――さすが(笑)。
水上:私が言ったら、「こんな感じ?」ってすぐにやってくれて。素敵なサポート陣に支えられながらやってます。ほんとに優しいです。
――では2曲目「アノデーズ」へ。これは恋の歌、ですよね。
水上:そうです。そうなんですけど、マヨネーズの曲でもあって。「マヨネーズ」と「あの日々(days)」をかけて「アノデーズ」なんです。それで「低脂肪」とか、それにまつわるワード感が入っているんですけど。私自身、マヨネーズが嫌いなんですよ。
――あら。
水上:サンドイッチに入ってると、わざわざ削いで横にのけるぐらいで、結構偏食家なんですけど。その、お皿のはじに寄せられたみじめなマヨネーズと、大切な人に捨てられたみじめな自分が重なって書いた曲です。マヨネーズ側の気持ちになったことないなと思って、書いてみました。
岡田:この間、たまごサンドをいただいたんですよ。からしマヨが塗ってあったんですけど、わざわざパンを開いて、ティッシュを用意して拭き取ってて、さすがにちょっとかわいそうだなと思いました。マヨネーズの気持ちになると(笑)。
水上:からしも苦手なんで、からしマヨなんて最悪で……。
――食べなきゃいいのに(笑)。
水上:でも、せっかくのいただきものだから、食べなきゃ失礼かなと思って。
岡田:そこで、はじにのけられたマヨネーズの気持ちがわかった。
水上:それと、好きな人に捨てられたみじめな気持ちが重なりました。なので、ワード的にも「ごちそうさまでした」「お腹いっぱい」とか、どっちとも取れる感じで書いてます。
――テーマの取り方は、「セラミックナイト」と似てる気がする。実際に体験したことと、もうひとつの物語の、ダブル・ミーニングというか。ちなみに安未ちゃんは、マヨネーズは。
岡田:私、マヨラーです。
水上:好みが違うと、便利なことがあって。私、トマトも苦手なんですけど、食べてくれるんですよ。
岡田:私か、サポートの人たちが手分けして食べる。
水上:みんなの力あっての食事になってます(笑)。
――いい話。あと、サウンドで言うと、右チャンネルのギターって安未ちゃん? すごくいいんだけど。単音で始まって、ワウ踏んで、カッティングになって、最後にすごいエモいソロが来て。かっこいいと思った。
岡田:ありがとうございます。この曲は、グルーヴをめちゃくちゃ大事にしました。ギターテックの人とエンジニアさんと私と、3人でレコーディングしたんですけど、すごいおっさんくさい、いいニュアンスで弾いたら、そのおじさんふたり……と言ったら失礼ですけど(笑)、ふたりがすごい喜んで、「いいねえ、熱いねえ」って。おじさんがすごい喜んでました。
水上:「ギターできたから聴きにおいで」って言われて、行ったら「え! こんなギターになったの!」みたいな。それまでは結構切ない、儚い感じだったのに、「いきなりマッチョな人来た!」みたいな(笑)。それがめちゃくちゃいいんですけど。
――みなさん右チャンネルにご注目。もちろん左もいいけれど。
水上:左は聴かなくていいです(笑)。
岡田:「セラミックナイト」の左チャンネル、面白いですよ。どっちも聴いて、右だけ聴いて、左だけ聴いてってやると、「あ、こうなってるのか」っていう噛み合わせがわかります。
水上:「セラミックナイト」の左のギターは私です。ワウを初めて使ったんですけど、ヘタクソすぎて、エフェクターを横に置いて右足と左足で交互に踏んで(笑)。アウトロの<もうダメだ>の裏で弾いてるんですけど、すごくランダムで気持ち悪いので、ぜひ聴いてください。
――聴きどころいっぱい。さあ、そして3曲目「癖」はライブでおなじみの。これっていつからあった曲でしたっけ。
水上:なきごとの最初のライブの頭にやった曲なので。1年半ぐらい前に出来た曲ですね。これは、そのまんまです。まっすぐに書いたというか、目の前の情景をそのまま言葉にしました。ほかの曲って、「何その表現?」という感じになる表現もあって、よく考えないとわからない、よく考えてもわからないかもしれないような表現が多いんですけど、この曲は本当にまっすぐです。<缶コーヒーに2人を重ねてしまう>という表現も、比喩っぽく聞こえますけど、結局答えを書いちゃってるから。
――<こんなにあたたかい>って、次の行で言っちゃってる。でもこの曲は、別れの歌。
水上:そうです。同棲しているふたりがいて、帰り道にあったかい缶コーヒーをよく買っていて。家に帰って、換気扇の前で煙草を吸いながら、缶を灰皿代わりにしちゃう男と、それが嫌な女の子のお話です。ワンルームの部屋だから、煙草の匂いが洗濯物に染み込んじゃうのが嫌なんだけど、換気扇の下で吸っているという優しい部分もあって、「ちょっとは気を遣ってくれてたのかな」ということがわかってるから、彼氏のその癖が直らなくてもいいかなと思うけど、でもやっぱりそれは嫌いと言っちゃう私の癖が直らない――そういう葛藤があって、でも最後は「待ってる。」から帰っておいでという、ストーリーで言うとそんな感じです。
――切ないストーリーとメロディとサウンドがぴったり合ってる。シューゲイズっぽい、ノイジーなギターサウンドがハマってて。
水上:個人的に、ギターがすごく好きなんです。すごく感情がある音で、涙がばーっと出てくる寸前の、込み上げてくる感情をそのまま音にした感じ。究極のエモって感じがします。
岡田:この曲、いろいろ考えたよね。みんなで悩んで、絞り出して、ようやく納得のいくものが出来たのがこれなので。思い入れもあるし、曲の内容以上に、作ってきた背景の思い出があります。
――という、聴き進むにつれてどんどん深入りしていく3曲入りシングル。タイトルの「sasayaki」というのは?
水上:3曲録り終わった最終日に名前をつけました。リードトラックが「セラミックナイト」になることは薄々わかってたんで、2番の歌詞の<囁いてみえる 甘い誘惑で>というところから、なんとなく取って。それと「アノデーズ」の後半のところに囁きボイスが入ってることと、「癖」の歌い方も空気の成分多めなので、3曲通して「囁き」という共通点があるなということと。それと「囁き」って、いいことも悪いことも囁かれてるじゃないですか。助言のような囁きもあれば、悪魔のような囁き、悪い噂が囁かれていたり、いいことも悪いことも「囁き」と言う言葉には入っていて。
――たしかに。
水上:「セラミックナイト」で言えば、大人になれない自分と、大人になったつもりでいる自分とか。「アノデーズ」だったら、マヨネーズと自分とか。「癖」だったら、好きなくせにあなたのことを嫌いと言っちゃう癖が直らないこととか。白と黒、裏と表の感情の部分が、「囁き」という言葉にぴったりだなと思って、「sasayaki」に決めました。

【取材・文:宮本英夫】

tag一覧 J-POP シングル インタビュー 女性ボーカル なきごと

リリース情報

sasayaki

sasayaki

2020年03月25日

[NOiD] / murffin discs

01.セラミックナイト
02.アノデーズ
03.癖

お知らせ

■コメント動画




■ライブ情報

なきごと 「 sasayaki 」 Release Tour 2020
04/10(金)北海道 札幌SPiCE
04/17(金)新潟 GOLDEN PIGS BLACK STAGE
04/18(土)宮城 仙台enn 3rd
04/25(土)福岡 Queblick
04/26(日)広島 BACKBEAT
04/28(火)香川 高松TOONICE
05/23(土)大阪 阿倍野ROCKTOWN
05/24(日)愛知 名古屋HeartLand
05/29(金)東京 渋谷TSUTAYA O-WEST
たかみんpre “Anemone vol.6” & Organic Call 1st mini album『白昼夢も何れ』release tour “daydream tour2020”
04/19(日)群馬 SUNBURST
w/ Organic Call / fish in water project / youth / 大畑カズキ / イロムク and more...

OSAKA METROCK 2020
05/17(日)大阪 堺市・海とのふれあい広場

百万石音楽祭2020~ミリオンロックフェスティバル~
06/06(土)~07(日)石川 石川県産業展示館1~4号館
※06/06(土)に出演

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る