前へ

次へ

04 Limited Sazabys、“好き”をカタチにした主催フェス『YON FES 2018』<2日目>

04 Limited Sazabys | 2018.04.18

 04 Limited Sazabys主催のフェス『YON FES 2018』が2018年4月7日(土)、8日(日)の2日間、愛知県/愛・地球博記念公園(モリコロパーク)で行われた。EMTG MUSICでは3年目を迎えた“YON FES"の模様をレポート。新たな進化を遂げたYON FESをぜひ追体験してほしい。

(2日目)
 前日に比べると日差しが戻ってきた“YON FES"2日目。SKY STAGEのオープニングを飾ったのはフレデリックだ。メンバーがステージに現れ、「オンリーワンダー」のイントロが始まった瞬間、観客が一斉に踊り始める光景はまさに圧巻。さらに三原健司(Vo&G)が昨年LAND STAGEに出演したことに言及し、「この1年、いろいろな曲を作って、成長してきたと思います。自分たちにとって最高の曲ができたから、ぜひフォーリミに聴かせたいです」と叙情的な「たりないeye」を披露。フレデリックの新しい表現をしっかりとアピールした。
LAND STAGEはDATSのアクトからスタート。海外のインディーロック、R&B、ダンスミュージックを融合させた音楽性は、今年の“YON FES"のラインナップのなかではかなり異色だが、ゆったりと身体を揺らす観客を見ていると、彼らのサウンドがこの場のしっかりフィットしていることが伝わってくる。「初めての“YON FES"で思い出を作りたい。みなさん、俺たちと一緒にヴァイブスを上げませんか?」(杉本亘/Vo)という言葉の後は、観客のハンドクラップをもとにしてループを作り、客席から男性をステージに上げてドラムを叩かせる即興セッションも。心地よいグルーヴと先鋭的なサウンドが融合した、素晴らしいステージだった。

 続いてはSKY STAGEのCrossfaith。DATSの後に轟音ラウドロック・バンドが登場するところも“YON FES"の醍醐味だが、「俺たちは、いい感じに盛り上げることができません。100か0か、やるかやられるか、です」(Koie/Vo)というコメント通り、ヘビィネスを極限まで増幅したバンドサウンドを叩きつけてみせた。巨大なサークルモッシュが巻き起こった「Jägerbomb」、獰猛なダンスビートで観客が踊りまくった「Omen」も強烈!

 少しずつ青空が広がるなか、LAND STANDに登場したフレンズは、極上のポップソングで会場をやわらかい雰囲気へと導く。「Hello New Me!」ではフォーリミのHIROKAZ(G)とRYU-TA(G,&Cho)が参加、トリプル・ギターによる貴重なセッションが実現。さらにバンド結成のきっかとなった名曲「ベッドサイドミュージック」における、おかもとえみ(Vo)の美しいボーカルも絶品だった。「フォーリミのメンバーがいちばん喜んでくれるのは、みんながフレンズを好きになってくれること」(ひろせひろせ/Vo)という言葉にもグッときた。
この日もっとも強いインパクトを感じたのはMy Hair is Badだった。「アフターアワー」「熱狂を終え」といったアッパーチューンを濃密なエモーションを込めて披露。「元彼氏として」では椎木知仁(G&Vo)が「04 Limited Sazabysに3回も呼ばれちゃうしね!」と笑顔で叫び、オーディエンスも「おー!」というシャウトで応える。さらに「フロムナウオン」ではロックバンドに対する思いをぶちまけ「本物を見抜け!」と観客を煽りまくる。「フォーリミと付き合うようになって、ライブ以外にも大事なことがあるのかもしれないと思うようになりました。これからも盾突いてでも、いろいろ教えてもらおうと思います」というMCを含め、椎木の生き様が強く刻み込まれたステージだった。
COUNTRY YARDは骨太なパンクロックを堂々とぶちかます。以前からフォーリミと交流があるKeisaku “Sit" Matsu-ura(Vo&B)はGENから電話で“YON FES"への出演依頼を受けたことを告げ「誇りを持って作った曲を鳴らして、音で“初めまして"したい」とコメント。初めて彼らのライブを目撃した観客に対しても、強い衝撃を与えたはずだ。

 続いてはマキシマム ザ ホルモン。まずは「恋のメガラバ」でオーディエンスを踊り狂わせ、「『F』」「皆殺しのメロディ」などではほぼ全員がヘッドバンキング。ナヲ(Dr)のシモネタ混じりのトークの後は、ダイスケはん(Vo)が楽屋に置かれていたというGENの手書きの手紙を公開(「時間は絶対に押さないでください」「モリコロパークを壊さないでください」とか)するなど、一瞬も目を離せないおもしろさ。ラストは本邦最高峰のヘビィロックを爆発させ、観客を興奮の絶頂へと導いた。
続いてLAND STAGEに現れたのは、唯一のアイドルグループBiSH。メロコア系の楽曲、一糸乱れぬパフォーマンスによって、凄まじいインパクトを放つ。最後の「BiSH-星が瞬く夜に-」には何とフォーリミのRYU-TA(G)が参加。メンバーとともにダンスを完コピし、大きな歓声を集めた。

“YON FES"2日目も大詰め。SKY STAGEに登場はしたHEY-SMITHはオーセンティックなスカコアを放ちまくり、会場全体をダンスホールへと変貌させる。前日に台湾でライブを行い、そのまま“YON FES"に直行したという彼ら。「フォーリミとは昔、小さいライブハウスで対バンしていて。数年後にこんなところでやれるなんて、バンドって夢あるぜ!」というシャウトすると、観客から歓喜の声が上がった。最後の「True Yourself」「Come back my dog」にはKoie(Crossfaith)が登場。この場所でしか見られないコラボレーションが実現した。
LAND STAGEのラストはENTH。フォーリミとライブハウスでしのぎを削ってきた彼らは、ストレートなメロコア・チューンをこれでもかと連発。「“ここまで出演してきたバンドのバトン"というと重いから、ENTHの音楽をたくさん浴びさせられたら」(daipon/Vo&B)というMC通り、奔放かつアグレッシブなサウンドを放ちまくった。

 今年のYON FESの最終アクト、フォーリミはいきなり「fiction」「knife」などの超オフェンシブな楽曲を続けざまに披露し、ファンを熱狂させる。「swim」の楽曲紹介をHIROKAZが紹介、「今日は愛をたくさんいただきました。愛で満腹です!」(GEN)という甘いMCから「milk」につなぐなど、メンバーからもこの場所を全身で楽しんでいることが伝わってきた。
最新シングル「My HERO」を演奏する前にGENは、観客に向かってこんなことを話しかけた。「自分は何になりたいんだろう?とよく考えるんですけど、ヒーローになりたいんですよね。みんながバンドを始めたくてしょうがなくなるようなヒーローに。普通の兄ちゃんが楽器を持ってバンドを始めて、いろんな人と出会っていったら、こんなこと("YON FES“)ができるという夢を見せられる、ヒーローになりたいんです」
オーディエンスをしっかりと惹きつけ、バンド仲間、スタッフ、音楽関係者を巻き込みながら、名古屋発の大型フェスを根付かせつつあるフォーリミ。その存在はまさにヒーローそのものだと言っていい。
アンコールでは「最高以外の言葉が見つからない!」(GEN)と「Squall」を披露。さらに名古屋をテーマにした「758」を放ち、「来年も遊びましょう!」(GEN)という言葉とともに「YON FES 2018」は幕を閉じた。出演バンド、飲食ブース、会場のレイアウトを含め、さらなる進化を果たした“YON FES"。フォーリミ世代のバンドの充実ぶりを改めて実感できる素晴らしいフェスだった。

【取材・文:森朋之】
【撮影:Viola Kam (V’z Twinkle)】
【撮影:ヤオタケシ】



tag一覧 ライブ フレンズ フレデリック My Hair is Bad HEY-SMITH ENTH DATS Crossfaith COUNTRY YARD BiSH 04 Limited Sazabys 男性ボーカル マキシマム ザ ホルモン

関連記事

リリース情報

My HERO / 夕凪【12cmCD】

My HERO / 夕凪【12cmCD】

2018年03月14日

日本コロムビア

1.My HERO
2.夕凪

お知らせ

■ライブ情報

go!go!vanillas "FOOLs Tour 2018~音楽馬鹿達と春のナイトピクニック~"
04/21(土)[大阪]なんばHatch

ARABAKI ROCK FEST.18
04/28(土)[宮城]エコキャンプみちのく

04 Limited Sazabys 10th Anniversary Live
04/29(日)[神奈川]横浜アリーナ
05/05(土)[愛知]日本ガイシホール
05/11(金)[大阪]大阪城ホール

OSAKA METROPOLITAN ROCK FESTIVAL 2018
05/19(土)[大阪]大阪府堺市・海とのふれあい広場
05/26(土)[東京]新木場・若洲公園

百万石音楽祭2018 ~ミリオンロックフェスティバル~
06/03(日)[石川]石川県産業展示館

BLAZE UP NAGASAKI 2018 in HUIS TEN BOSCH
06/09(土)[長崎]長崎ハウステンボス

SATANIC CARNIVAL’18
06/16(土)[千葉]幕張メッセ 国際展示場 9-11ホール

DEAD POP FESTiVAL 2018
06/30(土)[神奈川]東扇島東公園
※出演日は後日発表

SPACE SHOWER SWEET LOVE SHOWER 2018
08/31(金)[山梨]山中湖交流プラザ
※出演日は後日発表

AIR JAM 2018
09/09(日)[千葉]ZOZOマリンスタジアム

※その他のライブ情報・詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る