前へ

次へ

miwa全国ツアーファイナル「miwa concert tour 2015“ONENESS”」横浜アリーナ

miwa | 2015.07.02

 全国14ヶ所19公演にわたって敢行された約2年ぶりの全国ツアー「miwa concert tour 2015“ONENESS”」のファイナルにして、miwa自身の25歳のバースデイというメモリアルな夜となった横浜アリーナ公演。会場を埋め尽くしたオーディエンスたちの溢れるほどの笑顔に祝福されてmiwaの歌声が躍動する、人懐こくもスケール感に満ちたステージになった。

 ライブの幕開けを飾ったのは、ニューアルバム冒頭曲の「ONENESS」。ステージ上のスクリーンにmiwaのシルエットが投影され演奏がスタートし、横浜アリーナ中が大歓声とハンドクラップに包まれる。ステージを覆った白いスクリーンが落ちてmiwaとバンドが登場すると、オーディエンスの熱気と興奮は早くも最高潮に。12,000人からの大歓声を受けながら、真っ直ぐにフロアの先を見つめて歌うmiwaの表情がなんとも凛々しくたくましい。間髪入れずに続けた「Faith」では、会場中のタオルがクルクルと回され、壮観の盛り上がりに。ライトハンド奏法でのギター速弾きも披露し、楽しそうな笑顔を見せながらオーディエンスの熱狂を力強く牽引していく。

「“ONENESS”ツアー、ファイナルです。そして、今日は私の25歳の誕生日です! 大好きな横浜アリーナで、12,000人のみなさんにお祝いしてもらえるのは、本当に幸せです!」と語って横浜アリーナを沸かせると、大ハンドクラップに迎えられた「キットカナウ」へ。キュートでスウィートな歌声を響かせながら、ステージ左右の花道で観客に手を振る彼女の姿に、会場は笑顔が満開になった。ステージ上で跳ねまわって歌った「It’s you!」、アコギのイントロから大歓声が起こった「441」、「アルバム『ONENESS』で一番のキュンキュンソング」と紹介して歌った「恋の予感」と、一曲一曲が観客のものすごい愛と熱量で迎えられ、会場の熱狂はどんどんとヒートアップする。

 アップテンポなビートが躍動する「Faraway」、涼しさの中に熱を閉じ込めた歌声を響かせる「フィロソフィー」で観客を大いに沸かせ、観客を座らせて「そばにいる一番大切な人を思って聴いてください」と「月食 ~winter moon~」を披露。ステージ後方に星空と月が描かえる中、曲に込めた思いを噛みしめるようにして歌声を響かせると、ピアノバラード「片想い」では大粒の涙を目に浮かべながら熱唱し、会場中を深い感動に包んでいった。続くキャロル・キングの「You’ve Got A Friend」をアコースティック・ギター一本で弾き語りし、その優しく芯の強い歌声で観客の胸を強く締め付けた。

「元気が出ない時、もうダメだって思うような気持ちの時に、気持ちを切り替えるために聴いてもらえるような曲」と歌った「fighting-φ-girls」では一転、明るくポジティブなパワーに溢れたサウンドで会場中に笑顔を届ける。さらに「空の彼方」でオーディエンスの心に爽やかな風を響かせると、スペシャルゲストに「日本で一番ギターが上手いと思うギタリスト」と女子高生ギタリストの瑠璃をステージに呼び込み「super heroine」を共演する。瑠璃の高校生とは思えない圧巻のパフォーマンスには、観客からは驚きと興奮の入り混じったどよめきが起こった。続く「chAngE」では瑠璃に負けじとmiwaも豪快なギター演奏を見せ会場を盛り上げる。「ストレスは溜まっているか!? ストレス発散したいか!?」とキュートにはっちゃける「ストレスフリー」で観客をヒートアップさせ、キラッキラのサマーチューン「ミラクル」で華やかな熱気を広げていった。

 イントロで大歓声&大ハンドクラップが巻き起こった「ヒカリヘ」では、アリーナクラスのアーティストへと成長を遂げた今のmiwaのスケール感を威風堂々と響かせた。広大な横浜アリーナでのライブながら、それでいて手を伸ばせば届きそうな親密さが彼女のステージにはある。それこそが一致や調和を意味するアルバム『ONENESS』で彼女が目指した世界なのかもしれない。本編ラストは、「最後はみんなと一緒に歌いたいと思います。歌ってくれますか?」と呼びかけて「希望の環(WA)」へ。横浜アリーナに大合唱が巻き起こり、19曲があっという間に感じるステージはフィナーレを迎えた。

 アンコールでは頭に花の冠を載せて登場したmiwa。MCを始めた瞬間、突然アリーナにバースデーソングが流れ、高さが1.2mもある特大の「チビmiwa」ケーキがステージに運び込まれる。これにはmiwaも「マジ? これケーキ!?」と大興奮だ。「ここにいるみんなとまた会えますように」と願いをかけてローソクの火を吹き消すと、観客からは温かい拍手と「おめでとう!」の歓声が贈られた。さらに、「super heroine」にリードギターで参加したmiwaの憧れのギタリストであるオリアンティと、続けてデビュー前から彼女を良く知る事務所の先輩、綾野剛からのビデオメッセージがサプライズで映し出され、miwaは「最高の25歳です!」と満面の笑みで幸せを噛み締めた。

「踊れますか、横アリ!?」と呼びかけて歌った「360°」で会場全員が揃いのダンスを踊ると、「春になったら」と「again×again」ではmiwaがタンポポの綿毛を模したトロッコに乗って歌いながらアリーナを一周するという驚きの演出でオーディエンスを歓喜に包む。「『ONENESS』というタイトル通り、みんなと一つになれた気がします。ありがとう! ここにいる一人一人に今日こうして出会えて本当に良かったです!」と語ってラストに歌ったのは「君に出会えたから」。アリーナ中で大合唱とタオル回しが起こり、壮観な盛り上がりで全国ツアー「miwa concert tour 2015“ONENESS”」の大団円を飾った。

「今日は6月15日、一生忘れない! 楽しかった。ありがとう!」と叫び、最後は歓喜の涙を見せたmiwa。メモリアルなステージで見せた彼女の全身全霊のライブパフォーマンスは、横浜アリーナに集まった12,000人のオーディエンスにとっても一生忘れない最高の思い出になったはずだ。

【取材・文:大山貴弘】
【撮影:佐藤薫】

tag一覧 ライブ 女性ボーカル miwa

関連記事

リリース情報

ONENESS(初回生産限定盤)[CD+DVD]

ONENESS(初回生産限定盤)[CD+DVD]

2015年04月08日

ソニー・ミュージックレコーズ

[CD]
01:ONENESS
02:Faith
03:fighting -Φ- girls
04:フィロソフィー
05:月食 ~winter moon~
06:キットカナウ
07:君に出会えたから
08:ストレスフリー
09:Faraway 
10:恋の予感
11:It’s you!
12:360°
13:super heroine
14:希望の環(WA)

[DVD]
「miwa -39 live ARENA tour- “miwanissimo 2014”」より横浜アリーナライブダイジェスト映像
ありえない!!/−MC−/君に出会えたから/−MC−/Faith /Let me go/−MC−/クリスマスソング メドレー ダイジェスト/月食~winter moon~/Delight/DJ〜HiKARiE/−MC−/ミラクル/−MC−/希望の環(WA)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

セットリスト

miwa concert tour 2015“ONENESS”
2015.6.15@横浜アリーナ

  1. ONENESS
  2. Faith
  3. キットカナウ
  4. It’s you!
  5. 441
  6. 恋の予感
  7. Faraway
  8. フィロソフィー
  9. 月食~winter moon~
  10. 片想い
  11. You’ve Got A Friend(キャロル・キング)
  12. fighting-φ-girls
  13. 空の彼方
  14. super heroine
  15. chAngE
  16. ストレスフリー
  17. ミラクル
  18. ヒカリヘ
  19. 希望の環(WA)
Encore
  1. 360°
  2. 春になったら
  3. again×again
  4. 君に出会えたから

お知らせ

■ライブ情報

UMK SEAGAIA JamNight 2015
2015/07/26(日)宮崎 シーガイアスクエア1

ROCK IN JAPAN FES.2015
2015/08/01(土)茨城 国営ひたち海浜公園

アサヒビール presents 情熱大陸 SPECIAL LIVE SUMMER TIME BONANZA ’15
2015/08/22(土)東京 夢の島公園陸上競技場

音霊 OTODAMA SEA STUDIO 2015
ゴスペラーズ × miwa

2015/08/28(金)神奈川 音霊 OTODAMA SEA STUDIO

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る