レビュー

Official髭男dism | 2020.04.23

 2020年「カルピスウォーター」CMソングとなった「パラボラ」。この曲の印象は、瑞々しいと同時に仄かに切ない。そして、耳を傾けていると、“白”が主要なモチーフのひとつとなっていることに自ずと気づかされる。“白”は“これから始まる”というイメージと結びつき、“無限の可能性”という前向きな意味も勿論帯びるが、それは“まだ何も始まっていない”という0地点も指し示す。新しい環境で生活を始めた人間が向き合わざるを得ない“何も始まらないまま終わってしまうのかもしれない……”という不安も的確に捉えているのが、この「パラボラ」だ。

 歌詞の序盤で現れる<まっさらなノート>が印象的だ。真っ白な紙の表面に描き始められる“放物線=パラボラ”に宿った意思を映し出す<まだ遠くて 不確かで ぼやけてる理想像も 追い越すような軌跡を描いてみせるよ>というサビのフレーズが、とても力強い。追い求め始めた段階では非常に曖昧模糊としていて、“辿り着いた!”と思った瞬間には、さらに広い世界を夢追い人に提示する――という、些か厄介な性質を帯びている“理想”という存在を捉えた「パラボラ」は、説得力とリアリティに満ちたメッセージソングとして、リスナーの心を鼓舞するに違いない。

 「パラボラ」を聴いて心を動かされた人には、Official髭男dismが2016年6月にリリースした2ndミニアルバム『MAN IN THE MIRROR』に収録されている「コーヒーとシロップ」も、ぜひ聴いてもらいたい。なぜなら、これは、「パラボラ」の先に待っている日々を描いている曲なのだから……。期待に胸を膨らませて飛び込んだ世界で向き合うことになるのは、心地よいものばかりとは限らない。理不尽な出来事、非情な現実、失望させられる人物、理想を容赦なく打ち砕こうとする悪意も、たくさん襲い掛かってくることになるはずだ。そんな日々の肌触りに満ちた「コーヒーとシロップ」には、絶望のギリギリ手前で踏みとどまりながら光を見出そうとしている人物の胸の内が深く刻まれている。「パラボラ」と対照的な曲ではあるが、“理想”との向き合い方を描いているという点で、相通ずるものを感じずにはいられない。インディーズ時代からヒゲダンを応援しているファンの間で人気の高い曲のひとつでもある「コーヒーとシロップ」と併せて聴けば、「パラボラ」に込められているメッセージは、一層豊かな質感と共に受け止めることができるはずだ。

【文:田中 大】




<配信リンク>
https://hgdn.lnk.to/Parabola

リリース情報

パラボラ

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

パラボラ

発売日: 2020年04月10日

価格: ¥ 239(本体)+税

レーベル: ポニーキャニオン

収録曲

01.パラボラ

トップに戻る