ねごと、4人の個性がカラフルに咲き誇る『“Z”OOM』でバンドの原点へ!

ねごと | 2014.03.10

 ねごとの新作『“Z”OOM』。6曲入りのミニアルバムながら、4人の演奏スキルが描き出すカラフルなサウンドと、縦横無尽な曲調、ふくよかでキャッチーなメロディーラインは、フルアルバムのような楽しさだ。しかも今作では、初めてメンバー全員の名前が作詞のクレジットに並んだ。
 「原点回帰じゃないけどミニアルバム『Hello!“Z”』(2010年)は、いい意味で初期衝動が詰まっていて、すごく勢いのある作品だったと思うんです。『“Z”OOM』は、そこにみんなで挑戦したっていう」(藤咲 佑/B・Cho)
 本格的な春の訪れより一足先に、ねごとの開花宣言だ。
 バンドの充実が咲かせる花は、きっと、去年よりもその前よりも、もっとたくさんの広い場所で咲き誇る。

EMTG:レコーディングはいかがでしたか?
蒼山幸子(Vo・Key):もう、楽しいって印象しかないって感じでした。どうやってプレイするかとか、どうやって歌うかっていうのもすごく考えつつも、その場で生まれたアイデアも大事にしながらできた。すごく自由に作ることができたミニアルバムだと思ってます。
佑:今回の『“Z”OOM』は、初期衝動やバンド感を大切にしようって挑んだ作品で。だから、みんなで一緒に、いっせーので録ったりもしてて。みんなで録ったら、バンドっぽさとか、楽しい感じがより出たと思います。
EMTG:それぞれが今考える“バンドっぽさ”とは?
沙田瑞紀(G・Cho)ねごとのバンドっぽさって、まとまりがあるんだけど、いろんな楽器の色が飛び交う感じ。みんなでガーッて音を鳴らしている部分が、もしかして普通はバンドっぽさなのかもしれないけど、そういう中で1人1人が見える。そういう感じかな…。
幸子:今は、何をするにも判断基準が、楽しい、面白い、それでいいじゃんってなってるなって。自分達の芯の部分でもあった、そういうシンプルなところに改めて立っていますね。ファーストアルバムの『5』は、もう少しソリッドで無機質な感じがあって、そこが結構前面に出てた。それもひとつの答えだったと思うんだけど、やっぱりもう少し生きている感じっていうか。普段の自分達は、ぐにゃっとしてるっていうか(一同大爆笑)、ふやけているところがあるから。そういう部分も出していきたいっていうのが、今回のミニアルバムを作る上では、大きなテーマだったんですよね。そこは本当、自然に出ていると思います。
佑:前作の『5』が、自分たちの中では、色で言えば青とか白とか、ちょっと無機質な感じだったと思うんです。でも今回のミニアルバムは色で例えると赤とか、本当に生き生きしている感じがする。そこがすごくバンドっぽいです。
澤村小夜子(Dr・Cho):さっき瑞紀が言ったように、1人ひとりのアレンジとかが、せめぎあったり譲り合ったりして、面白い部分がたくさん出てる。これは、このバンドでしか出せない最強さだと思ってて。この最強さがあるのが、バンドっぽいなって思いますね。
EMTG:『“Z”OOM』では、全員が作詞していますね。
瑞紀:自然とそうなったんですよね。今なら、こうやって1人1人の名前で書いても、それがねごとになるよねって。1人1人がねごとっていうところが見せられたらいいなと思ったんです。
EMTG:なるほど。では、言葉の選び方や歌詞のテーマなど、もう少し掘り下げて伺っていきたいと思います。まずは瑞紀さんが作詞した「Dreamin’」。歌詞のど頭が、イントロにはみ出しているところに驚きました。
4人:あぁ?!(笑)
瑞紀:初めて言われました、それ(笑)。まずは自分の中から出てくる言葉を選んで曲にしてみようっていうのがあったんで、ナチュラルに自分の言葉で書きました。この曲は2?3年前からの曲で。デモの段階からこう……龍が出てくるような、赤い感じだったんで、そういう勢いのある言葉を選んでいきました。
EMTG:佑さんが作詞したのは「風惹かれ」。
佑:私、詞を書く時まずオケを聞いてそこから連想されるワードをいっぱい書き出すんです。この曲で最初に出てきたのがこれは“風が吹いているな”とか“女の子が走ってる、春っぽい”とかだった。そこからまた連想して、あるワードから枝を増やしていくみたいに、どんどん書いていって。それをパズルみたいにはめていくんです。で、開いていく感じのサビだなって思ったから、そこで一気に風が吹いて駈け出してるみたいな。そういう情景も一緒に書きたくて。テーマとしてあったのは、弱虫だったり素直になれない自分っていうか……私自身のことだったりするんですけど、プライドとかいろんな感情が混ざり合って前に進めない、だけど進んでいきたいみたいな気持ちを書きたいなと思ってまとめていきました。
EMTG:そして「迷宮ラブレター」は小夜子さんの作詞。これはやっぱりどなたかに当てたラブレター?
小夜子:表向きは、ニュートンさんが誰かさんに宛てたラブレターって感じですね。表向きは。
EMTG:裏の意味では?(←意地悪ですみません!)
小夜子:裏では、たぶん、自分からバンドに対するっていうか。これ歌詞の最後のカッコで括った部分が、ラブレター部分なんですよね。
EMTG:では、ニュートンというキーワードは、どこからアイデアが? 普段から自然の不思議みたいなことを考えるのが好きだとか?
小夜子:(笑)それは無いです。なんか……ニューって、新しいって意味じゃないですか。で、この曲のオケを聴いた時に、新世紀感がすごく出てると思って。爆発している透明感、みたいなものがあった。それで、たぶん、ニュートンさんが出てきて、次にニュートンさんってどんな人なんだろうって想像した時に、ニュートンさんは天才だから、周囲はバカに見えていたんじゃないかって。その分、孤独だったんじゃないかと思って。そういうひとりよがりの感じを勝手に想像して物語を作りました。
EMTG:わかりました。最後に幸子さん。「M.Y.D.」。まずタイトルは何の略?
幸子:遭難信号の“メーデー”の略ですね。すごい意味があるわけじゃないんですけど、他のみんなが書いた曲のタイトルがあがってきた時、バランスを見て考えましたね。アルファベットで、記号っぽい方がカッコイイなと思って。この曲は、ちょっと抜かすところがあったり、逆にサビは全力で歌えたりして、歌ってて楽しいですね。
EMTG:そしてラストを飾る「勲章」も幸子さんの作詞。
幸子:この曲は、まず歌詞があって、その上でこの言葉にこういうメロディーがのったらいいなって作っていった曲。これまでも「ふわりのこと」とか「たしかなうた」とかは同じような作り方だったんですけど、「勲章」は、特に強かったですね。
EMTG:歌詞の中で“音の出ないピアノだった”ってフレーズがあるんですが、ここには自分との投影も?
幸子:考えて書いたわけではないんですけど、これはピアノを弾いて歌っている自分だからこそ、もしかしたら使える歌詞なのかなと思って。
EMTG:自分のスタイルで自分が歌うから響く言葉?
幸子:……なのかなって思うように……思えるようになってきたのかな。うん、そう思います。
EMTG:それでは最後に。既にライヴもいろいろ発表になってますが、2014年のねごととしての展望を。
幸子:まず、この『“Z”OOM』が、サードアルバムに向けての助走って意味合いがあって。今年はサードアルバムでしっかり革命を起こしたいなっていうのがあります。もっと深みが出る作品を作れたらいいな、届けたいなって思ってますね。

【取材・文:伊藤亜希】

tag一覧 アルバム 女性ボーカル ねごと

リリース情報

“Z”OOM【初回生産限定盤】(CD+DVD)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

“Z”OOM【初回生産限定盤】(CD+DVD)

発売日: 2014年03月12日

価格: ¥ 2,100(本体)+税

レーベル: Ki/oon Music

収録曲

[CD]
1. 真夜中のアンセム
2. Dreamin’
3. M.Y.D.
4. 風惹かれ
5. 迷宮ラブレター
6. 勲章

[DVD]
DVD:「“Z”OOM」 制作の裏側に密着!“Recording diary & The making of photo shoots”収録

リリース情報

“Z”OOM【通常盤】(CD)

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

“Z”OOM【通常盤】(CD)

発売日: 2014年03月12日

価格: ¥ 1,800(本体)+税

レーベル: Ki/oon Music

収録曲

1. 真夜中のアンセム
2. Dreamin’ 
3. M.Y.D.
4. 風惹かれ
5. 迷宮ラブレター
6. 勲章

関連記事

ビデオコメント

お知らせ

■マイ検索ワード

●藤咲 佑(B)
ベーグル

スタジオとか最寄の駅でベーグルの美味しいお店をみつけて立ち寄るのが、最近の私のマイブームです。

●沙田瑞紀(G)
パスタ ツナ

結局作らなかったんだけど。家にパスタとツナ缶があって。もはや非常食しかない!みたいな(笑)。ツナ缶かコーン缶かトマト缶。で、「どうしよう?」って感じでした。

●澤村小夜子(Dr)
卵 白身 使い道

バレンタインが終わって、カスタードを作るのに卵の黄味をいっぱい使ったら、冷蔵庫に白身だけがいっぱい残ってるので。それをどう使うかっていう。結局、メレンゲとかふわふわお菓子しか出てきませんでした。

●蒼山幸子(Vo)
レザークラフト 菱目打ち

みんな食べ物(笑)。私は最近、レザークラフトにハマってて、それで菱目打ちっていうのがあって調べました。


■ライブ情報

ねごと presents「お口ポカーン!!“Z”OOM in X day」
2014/05/01(木)東京 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

ねごと presents「お口ポカーン!!“Z”OOM in Y day」
2014/05/02(金)東京 渋谷 Mt.RAINIER HALL SHIBUYA PLEASURE PLEASURE

ねごと presents「お口ポカーン!!“Z”OOM in Z day」
2014/07/20(日)東京 六本木 EX THEATER ROPPONGI

※その他のライブ情報、詳細はオフィシャルサイトをご覧ください。

トップに戻る