前へ

次へ

布袋寅泰、オーケストラとの共演“GUITAR × SYMPHONY”の「世界初演」をレポート!

布袋寅泰 | 2012.06.29

 想像していた以上に、ストレートな感動に満ちたコンサートだった。ロックのギタリスト&ボーカリストがオーケストラと一緒に演奏するという、ある意味、非常にコンセプチュアルな企画であるのにも関わらず、ステージと客席の間に一切の壁はなく、強い一体感があった。その一体感は、布袋がバンド・スタイルで醸し出すワイルドなものとはまったく違っていて、とてもロマンティックなものだった。僕はこれまでロックとオーケストラの共演を何度も体験してきてきたが、この日、聴いたのは、そのどれとも異なっていた。この実感こそが、布袋が“GUITAR × SYMPHONY”を「世界初演」と言い切った言葉を裏付けていた。

 まずTokyo New City Orchestraのメンバーが、明かりがついたままのステージに入ってくる。指揮者のSIMON HALE、ドラムのIAN THOMAS、ベースのJERRY MEEHANが位置に付く。場内は明るいまま、ホーンが高らかに響いて、「TIME HAS COME」が始まった。これは布袋がSIMONに初めてオーケストレーションを依頼した曲であり、SIMONにとっては初めて指揮棒を振った記念すべき作品である。曲の途中で、真っ白なストラトキャスターを抱えた布袋が入ってくる。暗転になって、「BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY」がスタートする。このオーケストラ・サウンドのイメージの強い楽曲によって、オーディエンスは今日のコンサートの<全体像をつかんだのだろう。大きな拍手が巻き起こる。

「こんばんは、布袋です。やっと会えたね。今日は特別な武道館です。ようこそ、“GUITAR × SYMPHONY”へ。みんな、どんなコンサートになるか想像もつかずに立ち尽くしてるのかもしれないけど、僕もこんな風にやるのは初めてです。風のような、光のような、シャンパンの泡のようなライブになるのかな。それぞれのスタイルで自由に楽しんでいってください」と、布袋もやや緊張気味に挨拶する。初の試みらしい、張り詰めたテンションが快い。

 ここでSIMONはピアノの前に座り、「Mission:Impossible Theme」のイントロを弾き始めた。ギターがお馴染みのメロディを取った後、ストリングスが主旋律を引き継ぐ。金管セクションが素晴らしいリズムを繰り出す。クラシック楽器の奏者たちの中で、ストリングスはかなりロックの雰囲気を出せる人が増えてきているが、これまでの僕の経験では金管に不満を持つことが多かった。が、Tokyo New City Orchestraはそこが優れている。なので、この後の演奏に期待がぐっと膨らむ。照明の意図も明快で、3曲で会場は布袋のトライを楽しむ準備が整った。

「僕はロックンロールを聴く前から、タンゴや映画音楽を聴いて育ちました。オーケストラというと一歩引いてしまう人がいるかもしれないけど、聴いてみれば“なんと華やかな”と感じてもらえると思います。僕は、自分の音楽が映画のサウンドトラックのように、聴いてくれる人のストーリーを支えていけたらと思ってます。次はスローな曲なので、みんなも座って聴いたら? 布袋のライブを座って観ることもなかなかないし(笑)。僕も座ってるみんなを見ながら弾くのは緊張します。でも、いいじゃない。いい経験をしようよ。ハートの扉を開けて、いい旅に出ましょう。いまはもう亡くなってしまったマイケル・ケイメンとの出会いの曲です。彼とは、いつかこの曲を世界のどこかで生で演奏しようと約束していた。その約束が叶います。それをみんなに聴いてもらいます」。

 次の2曲が凄かった。亡き盟友マイケル・ケイメンの「GUITAR CONCERTO」は、布袋の思いが特に強い曲だ(EMTGインタビュー参照)。チェロのメロディから始まって、布袋のギターが柔らかいタッチでストーリーを描いていく。彼の言うように、オーディエンスたちはそれぞれ思い思いの場所へと“旅立って”いく。さらに「A DAY IN AUTUMN」でも、その自由な旅は続く。客席にはこの歌の作詞を担当したカメラマン、ハービー山口氏の姿も見える。オーディエンスはシーンと聴き入っている。コンサート前半のファンタスティックな山場となった。

「ギターとオーケストラで僕の音楽スタイルを奏でる可能性を追求したいので、前半はじっくり聴いてもらって、後半はみんなで楽しめるような構成にしようと思っています」と布袋が事前のインタビューで語っていたように、後半は「BAD FEELING」からムードがガラリと変わる。布袋モデルのテレキャスターが唸りを上げる。「オーケー、そろそろ踊りましょうか!」という布袋の言葉に応えて、会場は総立ちで大合唱。それを受けて布袋は、この日いちばんの目の覚めるようなギター・ソロを決める。いよいよ会場、オーケストラ、布袋の一体感が高まっていく。

壮大だったのは、「STARMAN」。布袋の味のあるボーカルとストリングスの高揚感は、今まで誰も見たことのない宇宙を武道館に現出させた。「これは僕の大好きなデヴィッド・ボウイの曲です。16年前の6月、この武道館で僕は彼とこのギターで共演を果たしました。武道館にはたくさんの思い出がありますが、今日もまた新しい思い出が増えました」。

 終盤は、布袋とファンとが一緒に楽しむ。特に布袋がバッキングに徹して、オーディエンス全員が“リード・ボーカル”を取った「CLOUDY HEART」は圧巻だった。布袋のギターが奏でる美しい分散和音を、ストリングスが優しく包む。そこにピッコロのカウンター・メロディが入ると、何千人もの合唱が神々しい輝きを帯びる。それは、BOOWYが途絶えた日から、誰もが心の中で響かせてきた名曲の姿だった。あるいは、布袋の頭の中にいつも鳴っていた切ないメロディの、ありのままの姿でもあった。

「ロックンロールのコンサートもいいけど、見たことのない世界を覗くのは気持ちいいね。もうすぐ僕はイギリスに移ることになりました。付き合いの長いみんなは、『あ、やっと行くのね』と思ってくれるかもしれない。僕はずっと旅を続けていたい。昨年、30周年を迎えて、今年、50才になりました。みんなと『DREAMIN`』を合唱しながら、“自分は夢を追い続けているか?”と考えました。そんなこともイギリスへ行くキッカケになりました。人生は一度きり。でも僕にはどこに行こうとも帰ってくる場所がある。イギリスで痛い目に遭いながらも、自分のスタイルを確認してきます。いつも一緒に歌っている俺たちのテーマソングを、今日は俺からみんなに歌います」と言うと、オーケストラが序曲を奏でて、布袋はスタンドマイクで「LONELY★WILD」を歌い始める。この歌本来の姿である“ロック・バラード”として、響き渡る。武道館に布袋の思いが満ち、決意の言葉がオーディエンスの胸に刻まれた瞬間だった。それは、「武道館でオーケストラと一緒にやるロックがあってもいいと思う」という布袋の発言を体現するものだった。

 アンコールは初のソロアルバム『GUITARHYTHM』の冒頭を飾った「LEGEND OF FUTURE」。布袋のオーケストレーションを決定づけた作品だ。それが武道館で生のストリングスで流れ出したとき、僕の頭の中に、1988年の秋、東京と大阪で観た初めての“GUITARHYTHM LIVE”がフラッシュバックした。あのときはオープニングSEとしてテープで流れたのだが、今回は生だ。それは24年の歳月を超えて、同じ感動を呼ぶ力を持っていた。この奇跡もまた、布袋が“GUITAR × SYMPHONY”を開催した理由のひとつなのだろう。

「DREAMIN`」では、オーディエンスの歌うメロディに布袋がハモを付けるという粋な演出が心憎い。「楽しんでもらえましたか? こんな贅沢なライブは、なかなかできない。また一緒に旅をしましょう。みんな、元気で! お互いを信じて、また会う日を楽しみに」。

ラストの「My Way」は、“ギターで歌う布袋”を堪能できた。
「SIMONは僕のギターの最高の理解者だから、きっと僕のギターをオーケストラで鳴らしてくれる。つたないながらも僕のギターを、高らかにオーケストラと一緒に鳴らしてくれるというイメージなので、すごく迫力があると思います」という布袋の言葉が、実現した2時間20分だった。

 楽屋挨拶で「初めて僕のギターをみなさんにじっくり聴いてもらえたと思います」と語る布袋は、満面の笑みを浮かべていた
余談だが、2日目はさらにクオリティもムードも高かったと聞いた。このライブが日本以外でも上演されることを願ってやまない。

【取材・文:平山雄一】
【撮影:平間至】

tag一覧 ライブ 男性ボーカル 布袋寅泰

関連記事

リリース情報

alongside

alongside

2013年08月28日

RX-RECORDS/UK.PROJECT

1. alongside
2. look at me

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

リリース情報

WE ARE DREAMER ~50th BIRTHDAY SPECIAL CELEBRATION GIG~

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

WE ARE DREAMER ~50th BIRTHDAY SPECIAL CELEBRATION GIG~

発売日 : 2012年06月19日

価格 : ¥ 6,000

レーベル : EMI MUSIC JAPAN

収録曲

ディスク:1
1. B・BLUE
2. RAMBLING MAN
3. TEENAGE EMOTION
4. RADIO! RADIO! RADIO!
5. BEAT EMOTION
6. TWO OF US
7. さよならアンディ・ウォーホル
8. ANGEL WALTZ
9. ハウリング
10. 薔薇と雨
11. BATTLE WITHOUT HONOR OR HUMANITY
12. ~Amazing Grace~上を向いて歩こう~
13. RUSSIAN ROULETTE
14. スリル
15. バンビーナ
16. CAPTAIN ROCK
17. MERRY - GO
18. PLASTIC BOMB
19. 恋をとめないで
20. DREAMIN’
21. IDENTITY
ディスク:2
1. JUSTY(ENCORE1)
2. NO.NEW YORK(ENCORE1)
3. FULL MOON PARTY(ENCORE1)
4. FLY INTO YOUR DREAM(ENCORE2)
5. LONELY★WILD(ENCORE2)

30th ANNIVERSARY ANTHOLOGY III“一期一会

このアルバムを購入

この楽曲の着うたGET!!
この楽曲の着うたダウンロードページのURLをケータイメールに送信できます。

※ドメイン指定受信などの受信制限をされている方は『@emtg.jp』からのメールを受信許可にしておく必要があります。

30th ANNIVERSARY ANTHOLOGY III"一期一会"

発売日 : 2012年06月19日

価格 : ¥ 5,000

レーベル : EMI MUSIC JAPAN

収録曲

ディスク:1
1. DREAMIN’
2. IMAGE DOWN
3. MARIONETTE
4. BE MY BABY
5. GOOD SAVAGE
6. さらば青春の光
7. DIVING WITH MY CAR
8. YOU
9. ラストシーン
10. PRIDE
11. MIRROR BALL
12. GUITARHYTHM
13. MATERIALS
14. スリル
15. POISON
16. バンビーナ
17. C’MON EVERYBODY
18. GLORIOUS DAYS
ディスク:2
1. NO. NEWYORK(ENCORE1)
2. 恋をとめないで(ENCORE1)
3. PROMISE(ENCORE2)
4. LONELY★WILD(ENCORE2)

トップに戻る