Fanplus Music“Coming Up Artist 2021”

Fanplus Music“Coming Up Artist 2021” | 2020.12.24


 2010年にスタートした音楽メディア「Fanplus Music」(旧EMTG MUSIC)では、深く切り込んだインタビューや、読み応えがありアーティストの本質に迫ったライブレポートを心がけて掲載してまいりました。
 近年、SNSやサブスクを中心に注目を浴びるアーティストが増え、ニューカマーの登竜門になりつつありますが、今の音楽シーンを中心的に担うビッグ・アーティストの中にも、精力的かつ地道に活動を積み重ね、現在のポジションを築いてきた歴史があります。
「Fanplus Music」では、2021年も、活躍を期待するアーティストを通年で応援する企画「Coming Up Artist」を実施。新たに音楽シーンを盛り上げてくれるだろうという期待と願いを込め、注目の精鋭「Coming Up Artist」15組をここに選出させていただきました。

Fanplus Music 編集部一同

Coming Up Artistに選出されたアーティストの方々からのコメントが続々到着!


img

WEAKEND WALKER

2019年2月にSiN、teppe、taichiの3人が地元福岡から上京し、共同生活をスタート。SiNの20歳の誕生日、2019年9月19日にWEAKEND WALKERを結成。インターネットを自らの棲み処とし、音楽はもちろん、アートワーク、MVのディレクションも自ら手掛けながら、インターネットネイティヴ世代初のロックバンドとしてネオ・トーキョー・ミクスチャーを提唱し活動を開始する。2020年1月15日に初となるSingle “DREAM EATER” を配信リリース。ビジュアルデザインには焦茶を招き音楽とアートを融合させ、圧倒的な世界観をデザインした作品は、iTunesチャートで25位にランクイン。2020年6月12日には、ShibuyaVeatsにて初の配信ライブを実施し、1000人以上の視聴者の前で、ライブ成功を収めた。2020年7月15日にタワーレコード限定で初のCDを発売。2020年9月19日の1周年記念日には初のワンマンライブを開催した。


コメント WEAKEND WALKER

■coming up artist 2021に選ばれた感想
WEAKEND WALKERのボーカル SiNです。駆け出しの僕らとしてはこの上ない程嬉しいです。しっかりと選出して頂いたからには応援に応えれるように走っていきたいです。

■Fanplus Musicに期待すること
ライブレポート、コラム。僕らのように新しいアーティストにもスポットライトを当て続けて欲しいです。

■2021年はどんな年になりそうか
コロナ禍の中、雑然とした世界に変わらず、そしてよりグッドな音楽を発信していきたいです。

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
今後もより良い音楽を届けられるように邁進していきます。ぜひ今後とも応援よろしくお願いします!

■直近のリリース
2nd Single
アプリ“ドラガリアロスト”イベントテーマ曲 「CHECKMATE feat.EMA」
配信中→ https://jvcmusic.lnk.to/ww_checkmate

3rd Single
「Nights Out」
配信中→ https://jvcmusic.lnk.to/ww_nightsout







img

eill

東京出身。SOUL/R&B/K-POP をルーツに持つシンガーソングライター。15歳からJazz Barで歌い始め、同時にPCで作曲も始める。2018年6月、デビューシングル「MAKUAKE」に続き、10月にミニ・アルバム「MAKUAKE」を発表。2019年11月に発売の1st AL「SPOTLIGHT」が、TOWER RECORDS「タワレコメン」に選出されたほか、収録曲「SPOTLIGHT」が全国30局以上の放送局でパワープレイとなり、ラジオ・オンエアチャート二週連続一位となった。Music VideoもSSTV「POWER PUSH!」、M-ON!「Recommend」に選出されるなどファースト・アルバムとして異例なほど話題を集めた。また、NEWS、テヨン(ex少女時代)、EXID等に楽曲を提供しているほか、SKY-HI、m-flo、さなり、フィラデルフィア出身のR&BシンガーPINK SWEAT$など国内外からの客演も行い、新世代を代表するアーティストとしてを各所より注目集めている。11月にリリースとなる「LOVE/LIKE/HATE」には、5月発売された「FAKE LOVE/」、7月から放送されたテレビ東京ほかドラマ25「女子グルメバーガー部」の主題歌「踊らせないで」、10月19日から放送されるフジテレビ「あの子が生まれる・・・」の主題歌「Night D」などが収録される。


Comment Coming Soon...






img

Omoinotake

島根県出身の藤井レオ(Key/Vo)、福島智朗(エモアキ)(Ba/Cho)、冨田洋之進(ドラゲ)(Dr/Cho)からなるギターレス、ピアノ・トリオバンド。中学からの同級生だった彼らが2012年東京で結成。細ながらも情感を揺さぶる藤井レオの魅力的なボーカルが今の時代のカルチャーと相まっている。2017年1st full album「So far」、1st mini album「beside」、2018 年2nd mini album「Street Light」をリリース。数々のストリーミングサイトの注目のプレイリストに選出、ラジオ各局でも何度もOAされるようになり、SNSから話題を集め、各媒体・リスナーより高い支持を得る。その勢いのまま、3か月連続配信シングルを発表、一発撮りのパフォーマンスを配信するYouTube チャンネル「THE FIRST TAKE」にインディーズながら初登場をし、5月に配信リリースした「One Day」を披露。公開から1週間で130万回以上再生され、名だたるメジャーアーティストを上回る再生回数を記録した。また6月に配信リリースされた「夏の幻」は、動画配信サービスParaviで配信中のオリジナルドラマ「love distance (ラブディスタンス)」の主題歌エンディング曲に起用された。今、最も注目を集めるバンドである。







img

オレンジスパイニクラブ

2012年3月 ザ・童貞ズとして結成。福島県いわき市を拠点に活動開始。
2013年7月 当時のギターが脱退。ドラムのスズキナオトがギターにパートチェンジ。
2014年4月 ドラムのゆりと加入。
2014年夏頃 バンド名をThe ドーテーズに改名。
2015年1月 初のフルアルバム「衝撃」リリース。クラブソニックいわきで2マンライブを開催。ソールドアウトとなる。
2017年2月 全員が20歳に。アルバム「under20」リリース。東京、茨城、福島の3ヶ所でレコ発イベントを開催。大成功を収める。
2017年4月 ドラムのゆりと脱退。
2018年9月 ドラムのゆりと再加入。
2019年1月 バンド名をオレンジスパイニクラブに改名。1stシングル「敏感少女」リリース。
2019年8月 2nd シングル「モザイク」リリース。リリースツアー<ヒッキーんなってバイビーツアー>を開催。ツアーファイナルの下北沢 DaisyBar 公演はソールドアウトとなり、大成功を収める。
2020年1月 1st mini アルバム「イラつくときはいつだって」リリース。リリースツアー<微熱>を開催。
2020年7月 無観客生配信ライブ「パインvol.9」を開催。
2020年11月 2nd mini アルバム「非日常」リリース。







img

キタニタツヤ

1996年生まれ。2014年頃からネット上に楽曲を公開し始める。2017年、高い楽曲センスが買われ作家として楽曲提供をしながらソロ活動も行う。2018年にはバンド『sajou no hana』を結成。同年9月にはソロ作品「I DO(NOT)LOVE YOU.」を発表。同作はギター、ベース、プログラミングなど、マスタリング以外のすべての作業を一人で完結させた作品で、高い評価を得る。2019年2月Village VanguardとコラボしてグッズとワンコインCD「Sad Girl」を発売。同年9月1st MiniAlbum「Seven Girls’ H(e)avens」を発売。2020年8月アルバム「DEMAGOG」を発売。


コメント キタニタツヤ

■今回の「Coming Up Artist 2021」に選出された感想
期待を込めて選出していただいたものだと思うので、応えてみせるぜと燃えております。

■2021年をどんな年にしたいか
ライブを沢山できるかはまだわからないので、今は制作に集中してます。作った曲をドンドコリリースしていきたいです。

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
いい曲ポンポン作って発表していくので目を離さないでください!!







img

クレナズム

2018年5月より活動を開始した、大学の同級生で結成された4人組 ロックバンド。爽やかな歌に轟音のギターが融合した、シューゲイザーとJ-POPの邂逅とでも言うべき新しいサウンドを奏でる。同年りんご音楽祭出演、ミニアルバム『rest of the dusk』リリース。2019年、全国FM5局でネクスト・ブレイク・アーティストを紹介する”JFL presents FOR THE NEXT”選出、2ndミニアルバム『In your fragrance』リリース。レコ発ツアーを2020年日本全国、台湾で開催。同ツアーの流れで出演した台湾フェス「意識不能招待所」でヘッドライナーを務め大成功を収めた。またブレイク必至の新人を起用するフジテレビ系「とくダネ!」8月度お天気コーナーMONTHLY SONG 決定!同じくフジテレビ系音楽番組「Love music」9月度のオープニングテーマに大抜擢され、同番組にも出演、同日Twitterの検索ランキングで22位になる、またTikTokでも#クレナズムで140万視聴されSNSで話題騒然、9月からのTikTokのTV/Web CM にも出演し萌映の弾き語りも披露している。そして2020年11月3rdミニアルバム「eyes on you」発売!







img

Kroi

2018年2月に結成。R&B/ファンク/ソウル/ロック/ヒップホップなど、あらゆる音楽ジャンルか らの影響を昇華したミクスチャーな音楽性を提示する5人組バンド。バンド名の由来はあらゆる音楽ジャンルの色を取り入れて新しい音楽性を創造したいという考えで、全ての色を混ぜると黒になることからくる「黒い」と、メンバーが全員ブラックミュージックを好み、そこから受けた影響や衝撃を日本人である自分たちなりに昇華するという意味を込め、Blackを日本語にした「黒い」からKroiと命名。2018年2月にInstagramを通じてメンバー同士が出会い、結成。10月に1st Single「Suck a Lemmon」にてデビュー。翌年夏『SUMMER SONIC 2019』へ出演。同年12月にリリースした『Fire Brain』はiTunes Store R&B/ソウルランキングでのトップ10入りや、J-WAVE「SONAR TRAX」の選出などで、注目を集める。2020年5月に最新EP「hub」をリリース。音楽活動だけでなく、ファッションモデルやデザイン、楽曲プロデュースなど、メンバーそれぞれが多様な活動を展開し、カルチャーシーンへの発信を行なっている。


コメント Kroi

■今回の「Coming Up Artist 2021」に選出された感想
数多くのアーティストの中からKroiをComing Up Artistに選出いただきありがとうございます。

■今後のFanplus Musicに期待すること
"Fanplus MusicでKroiを知りました" と言った声が聞けたらとても嬉しいなと思います。

■2021年をどんな年にしたいか
昨年は音楽業界に限らず大変な思いをされた方が多かったと思います。我々Kroiも活動の主軸であったライブが思うようにできないなど、制限が出る場面もありましたが、決して悪いことばかりではなく、よりこだわりをもって活動することや自信をつけることができた一年でもありました。

2021年は、こんな時だからこそ足踏みせず、これまでに培ったものを少しでも多くの方々に対して、ワクワクできる楽曲や、暗い気持ちを忘れられるようなコンテンツとして昇華し、発信していきたいと思います。

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
実験的なアプローチや、凝り固まらないスタイルを今後も続けていき、新鮮さと面白さを追求していきます。

Kroiの活動に注目していただくことで、リスナーのみなさんが、より音楽を好きになれるようなアーティストになりたいと考えています。

今後とも応援のほどよろしくお願いします。






img

kobore

2015年結成。 2016年にリリースしたdemo CD「ヨルノカタスミ」をきっかけに、2017年ビクターロック祭りに O.A 出演を果たすなど注目を集める中、同年2017年9月に1st mini album「アケユクヨル ニ」をリリース、全国31ヶ所のツアーを行う。 その後、休む事なくライブと音源制作を重ね2018年3月にはシングル「アフレル」をリリース、全国12ヶ所のツアーを行う。 そしてそのわずか2ヶ月後の5月には2nd mini album「ヨル ヲ ムカエニ」をリリース、タワレコメンに選出される。 リリースツアーは全国53ヶ所にも及ぶロングツアーを行った。 2019年1月にはキャリア初となるフルアルバム「零になって」をリリース、全国22ヶ所のツアーを行う。 ROCK IN JAPAN 2019 / MONSTER baSH 2019 / MURO FESTIVAL 2019 / FREEDOM NAGOYA 2019 など数々の大型フェスに初出演が決まる中、息をもつかせぬスピードで新作となる 1st EP「音楽の行方」のリリースし、全国ツアー「ダイヤモンドTOUR2019」も開催し、年末にはFM802「 RADIO CRAZY」にも出演。 2020年8月に2nd full album「風景になって」でメジャーデビューし、全国35ヵ所をまわるツアーをまわった。 類まれないスピード感で急成長を続けるkoboreからまだ目が離せない。







img

空音

2001年生まれの19歳。兵庫県尼崎市出身。高校生の時にリリースした1st EP『Mr.mind』が、そのクオリティの高さから早耳リスナーを中心に注目を集める。2019年12月にリリースした自身初の1stフルアルバム『Fantasy club』はデジタル配信サイトを中心に注目を集め、同作品収録の楽曲「Hug feat. kojikoji (Album ver.)」のミュージックビデオは、YouTubeで2,000万回再生超えの大ヒットとなる。そして、2020年6月24日に1stアルバムからわずか半年でリリースされた2ndアルバム『19FACT』は、Apple Musicの「ヒップホップ/ラップ」チャートで1位、「総合」チャートで6位獲得。リード楽曲「Fight me feat. yonkey」は”FM802ヘビーローテーション”をはじめ全国各局のローテーションに選出されるなど、大きな話題を呼んだ。さらに12月には3rdアルバム『TREASURE BOX』をリリース!ヒップホップのジャンルという枠を飛び出し、幅広いリスナーに支持されるアーティスト。


■今回の「Coming Up Artist 2021」に選出された感想
大変光栄に思います。色々な方々に注目をしていただける機会をいただき、本当にありがとうございます!

■2021年をどんな年にしたいか
新型コロナの影響がどうなっていくか分かりませんが、色々と模索しながら、チーム一丸となってライブや音源制作に励みたいと思います。また、活動の幅を大きく広げる一年にできればなと思っています。

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
いつも応援ありがとうございます。今後ともたくさん自分の曲を聴いていただけると嬉しいです!よろしくお願いします。







img

Vaundy

Vaundy(バウンディ)。現役大学生20歳。作詞、作曲、アレンジを全て自分でこなし、デザインや映像もディレクション、セルフプロデュースするマルチアーティスト。2019年春頃からYoutubeに楽曲を投稿し始め活動を開始。(現在Youtubeトータル6200万回以上、サブスクリプション1億8000万回以上再生突破)「東京フラッシュ」「不可幸力」など、耳に残るメロディーに幅広いジャンルの楽曲を発表すると瞬く間にSNSで話題に。初のワンマンライブ1st One man live “大人間前夜”のチケットは瞬く間にソールドアウト。(8月30日に無観客ライブ配信を実施) 10月10日にはZepp Hanedaにて、2nd one man live “strobo”を有観客ライブとして開催、同時にライブ生配信も行い、高い歌唱力とパフォーマンスで、SNSでも話題に。5月27日には1stアルバム「strobo」をリリース。FODドラマ「東京ラブストーリー」主題歌「灯火」、テレビ東京 ドラマ25「捨ててよ、安達さん。」オープニングテーマ「Bye by me」、Spotify Premium 全国地上波テレビCM「Spotify Town」編 CMソング「不可幸力」を含む全11曲を収録。11月3日には、初のLPとなる「strobo+」をリリース。世界的ポップスターLAUV(ラウヴ)サイドからオファーを受けグローバルリミックスアルバムに参加、「Modern Loneliness(Vaundy Remix)」をリリース。インターネット上で全世界に向けて積極的に音楽を発信し続ける2組のグローバルなコラボレーションが話題に。また世界的なカルチャーサイトNowness ピックアップ作品として、「不可幸力/Fukakouryoku(Global Dance Video)」が全世界配信開始、本作はセルヴィア人監督をはじめ、アメリカ、フランス、イギリス、日本等、グローバルチームで制作され、国内外での活動も積極的に行っている。耳を捕らえ一聴で癖になる天性の声と、破格の才能を感じさせるジャンルに囚われない幅広い楽曲センスで、 ティーンを中心にファンダムを急速に拡大中。


コメント Vaundy

■今回の「Coming Up Artist 2021」に選出された感想
選出ありがとうございます!期待してもらえているのを肌で感じられて、凄く嬉しいです。

■2021年をどんな年にしたいか
2020年と変わらずチャレンジし続けて変革を起こしていく1年にしたいです。

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
これからも、また変わっていくVaundyの一面をお楽しみに。

■直近のリリース
・「世界の秘密」12/27配信リリース







img

ヤユヨ

2019年1月に、高校の軽音楽部友達で結成した大阪の3人組ガールズバンド。リコ(Vo,Gt)、ぺっぺ(Gt,Cho)、はな(Ba,Cho)、すーちゃん(Dr,Cho)(サポート)からなるメンバー全員が現役女子大学生のバンド。「ジャンルに縛られずに音楽がしたい。日常を音にしたい。音楽は永遠に楽しい!」をいつも忘れずに、関西を中心に活動している。







img

ユアネス

福岡で結成された4人組ロックバンド。感情の揺れが溢れ出し琴線に触れる声と表現力を併せ持つヴォーカルに、変拍子を織り交ぜる複雑なバンドアンサンブルとドラマティックなアレンジで、詞世界を含め一つの物語りを織りなすような楽曲を展開。重厚な音の渦の中でもしっかり歌を聴かせることのできるLIVEパフォーマンスは、エモーショナルで稀有な存在感を放っている。







img

yonawo

荒谷翔大(Vo)、田中慧(Ba)、斉藤雄哉(Gt)、野元喬文(Dr)による福岡で結成された新世代ネオ・ソウル・バンド。2018年に自主制作した2枚のEP「ijo」、「SHRIMP」はCDパッケージが入荷即完売。地元のカレッジチャートにもランクインし、早耳リスナーの間で謎の新アーティストとして話題に。2019年11月にAtlantic Japanよりメジャーデビュー。配信限定シングル「ミルクチョコ」「Mademoiselle」を11月&12月に2ヵ月連続でリリース。2020年4月15日(水)に初の全国流通盤となる6曲入りのミニアルバム「LOBSTER」をリリース。4月24日(金)に配信限定シングル「good job」、5月1日(金)には過去のデモ曲をまとめた配信限定アルバム「desk」、6月12日(金)にParaviオリジナルドラマ「love?distance」主題歌オープニング曲「トキメキ」を配信限定でリリース。8月14日(金)には、史上初となる福岡FM3局で同時パワープレイを獲得した「天神」の配信がスタート。
そして、11月11日(水)には、待望のファーストフルアルバム「明日は当然来ないでしょ」をリリース。







img

リュックと添い寝ごはん

2017年11月10日結成。東京都内を拠点に活動中、高校を卒業したばかりの3ピースバンド。通称・リュクソ。2019年、ティーンエイジャーから圧倒的支持を得るインディーズバンド&アーティストの音楽配信サイト「Eggs」の再生アーティストランキングで堂々1位を獲得し、ロッキング・オンが主催するバンド・アーティストのオーディション「RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」では優勝アーティストに選ばれ、国内最大級のロック・フェス「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019」に出場を果たすなど、今最も注目を浴びている新世代アーティスト。2020年3月4日、初の全国流通となる1stミニアルバム『青春日記』をタワーレコード限定でリリース。8月26日には初のワンマンライブを無観客配信で開催し、12月9日に1stフルアルバム「neo neo」でスピードスターからメジャーデビュー。


コメント リュックと添い寝ごはん

■今回の「Coming Up Artist 2021」に選出された感想/2021年をどんな年にしたいか
ありがとうございます!
2020年はメジャーデビューもして、たくさんの出会いがありました。
2021年はさらに出会いを大切に、今聴いてくれているみなさんはもちろん、いろんな年代の、たくさんの方に音楽を届けていきたいです。
あと、色んなフェスや野外ライブなどに出たい!!

■今後のFanplus Musicに期待すること
僕らの好きなアーティストさんの情報もたくさんのっているので楽しく見ています。
これからも、たくさんの音楽との出合いを作ってもらえたらうれしいです!
「お散歩ロック」出たいです 笑

■Fanplus Musicをご覧の皆さんへのメッセージ
まだ僕らのことを知らない方もいらっしゃると思いますが、名前を見て、記事を読んで、気になったら是非曲を聴いてほしいです!
応援よろしくお願いします!

リュックと添い寝ごはん・松本ユウ

【リリース情報】
1st フルアルバム「neo neo」
2020年12月9日(水)発売
「neo neo」SPECIAL SITE
https://www.jvcmusic.co.jp/neoneo/

【ツアー情報】
リュックと添い寝ごはん 1st album リリースツアー『neo neo』
12月15日(火)名古屋・アポロベイス
12月17日(木)大阪・シャングリラ
12月23日(水)東京・WWW







img

Rin音

福岡県宗像市出身、1998年生まれの新世代ラッパー、Rin音。配信限定でリリースされていたファーストEP『film drip』が2020.1.22(水)待望の全国流通!本作には、Rin音と並び新世代ラッパーとして注目のクボタカイ、空音をフィーチャーした“Summer Film’s”をはじめ、ボーナストラックとして“film drip”が追加。全7曲を収録。そしてRin音待望の1st album「swipe sheep」が2020.6.10にリリース!SNSで話題を集め、LINE MUSICランキング1位他、Apple Music、spotifyなどで軒並みチャートにランクインし、現在YouTubeで公式MVが1500万再生を突破している「snow jam」他、19歳のシンガーソングライターasmiを迎えての話題曲「earth meal feat.asmi」、ファンの中で人気が高い「sleepy wonder」「Sweet Melon」「SNSを愛してる」など全13曲収録!2021年にはRin音”swipe sheep”RELEASE TOUR「色々あって初ツアーがZeppになっちゃったツアー」が開催決定。

ライブ情報
2021/1/22(金) Zepp Fukuoka(福岡県)
2021/1/29(金) Zepp Nagoya(愛知県)
2021/1/30(土) Zepp Osaka Bayside(大阪府)
2021/2/7(日) Zepp Tokyo(東京都)
チケットはイープラスにて絶賛発売中!
ツアー詳細はHPをご覧ください。







スペシャル RSS

もっと見る

トップに戻る